子どもたちはどんな夢を描いたのでしょうか?

小学校生活最後の運動会。

例年に負けず劣らず,激しく,そして感動する戦いでした。

 

6年生恒例の親子レースでは,親と子が仲良く「おんぶ」や「てつなぎ」をし,

団体競技ではタイヤを豪快に奪い合い,

表現運動では,「戦」をテーマに息の合った演技を披露しました。

そのほかにも,児童会や応援団,リレーの代表や係活動など,

運動会の運営に大きく貢献しました。

 

結果は結果として,思い出やそれまでの取り組みはそれとして

少しでも子どもたちの心に残る運動会になっていたと思います。