毎朝の、生活美化委員会のあいさつ運動のよこを抜けて、玄関にくると、栽培委員会の人たちが、花壇の水まきや除草作業に取り組んでいる。朝から指先を泥だらけにして黙々と作業する姿は素晴らしい。聞けば曜日を決めて分担があるとのこと。係とは言え、切れ目なく、その活動に取り組む姿が良い。色とりどりの草花も喜んでいるようだ。

だから、花はきれいに咲くのだろうか。