やっぱりちがう,トップアスリート・・・。


『本気で』やれば,できるって・・・!


 リオパラリンピック,卓球日本代表『竹守彪(たけもりたけし)』

選手が,古ケ崎小学校に来てくれました。竹守選手は新松戸北小学校

(現在は廃校)出身の25歳。卓球の世界ランキングはなんと8位!

過去最高は6位だったそうで,日本人トップの順位です。そして国内

ランキングでは現在2位。以前は1位だったこともあり,まさにパラ

スポーツ界のトップアスリートです。

 子どもたちは,そんな竹守選手についてのエピソードを聞いたり,

実際に卓球をしながら交流をしたりと,とても貴重な時間を過ごしま

した。竹守選手はパラリンピックを控えた時期に大腸を摘出する大手術

をしたそうです。しかし,「目標や夢に向かって諦めない。がんばる。」

という気持ちで乗り切り,大会への出場を果たしました。

 本当に「すごいな・・・。」と感じたのは私だけではないはずです。

子どもたちにも,この偉大なトップアスリートの生き様を感じてもらえたら

うれしいです。

Tokyo2020 がんばれ!竹守選手!