卒業まであと1ヶ月。

しかし,登校のみで考えると,

残り20日を切りました。・・・早い。

そんな中,お隣の古ケ崎中学校から

現役の先生が来校し,6年生のために

特別な時間を作ってくださいました。

毎年恒例ですが,今年度も「英語」と

「数学」の授業(オリエンテーション)。

英語では先生の流暢な英語にドキドキ。

「中学生といっても,速さではなく

丁寧さが1番大切ですよ。」という

先生の言葉に,少し安心したような子どもたち。

 

数学では野球を題材に,割合などを使って

「説明」をしました。

「中学校でも,意見や考えを伝えるのは

とても大切なのです。」と,先生も言って

いたように,やはり自己表現はいつになっても

大切なことなのですね。

 

一人ひとりが「不安」や「期待」など

様々な思いを抱いたかと思います。

準備は早めで損はないですね。