【9月11日】

読み語り、再開しました!今日は2,3年生です。

  

   

ソーシャルディスタンスを保ちながら、かつ絵本の読み語りの良さを残すということができました。来週は1,4年生の番です。お楽しみに。

 

明日は土曜日、お休みです。暑い日が続いた1週間なので、十分休んで心も体もリフレッシュしてきましょう。

 

【9月10日】

1年生の教室では、漢字の学習に入っています。

木や山の形から、「木」や「山」といった漢字ができたことを学んでいました。

6年の習字では、漢字からひらがなができたという話をしました。「以」から「い」、「也」から「や」など。

学年に応じて日本語をしっかり学んでいる古ケ崎小です!

 

【9月9日】

 

4年生が福祉をテーマにした総合学習を行いました。

軍手を2枚利き手につけて紙をつかんだり、高齢者体験セットを装着したりしました。

その他にも白杖をもち目を閉じてデコボコ道を歩いたり、車いすの体験をしたり、貴重な体験ばかりの授業でした。

大切なことは何を感じ、これからの生活に、どう生かしていくかだと思います。

いろいろな人が、協力し合うような古ケ崎小・古ケ崎地区にしていきましょう。

 

【9月8日】

 

(左写真)2年生の国語です。反対の言葉を見つける授業です。「太いー太くない」「大きいー大きくない」・・・ちょっと違うような。もちろん「太いー細い」「大きいー小さい」と正しい言葉を学習します。楽しく1つ1つの言葉を覚えていました。

(右写真)5年生のあるクラスは「百マス計算」に挑戦・・午後の集中力がきれそうな時間帯にも関わらず、黙々と取り組み、鉛筆の音しか聞こえません。集中力がすばらしかったです。

 

この2枚は1年生の帰り支度の様子です。テキパキとランドセルにものを入れていました。立派な姿です。また、鍵盤ハーモニカのホースを持ち帰り、洗います。そのためにチャック付きの袋を用意しています。

「感染しない・させない学校生活」はしっかり継続しています。

 

【9月7日】

4年生の社会科の授業では、ごみ処理問題について考えていました。

人が生活するうえでゴミが出てしまうことは仕方ないこと。では、そのごみをどう処理していくのか? 4年生が真剣に考えていました。

今の小学生が大人になって最前線で仕事をしている時代には、今よりもっと深刻な問題となっているかもしれません。「持続可能な社会」を創り出すのは、今の子ども達です。1つの授業をきっかけに自然・地球にやさしい人になってほしいと思います。

もちろん子ども達にすべてを任せるのではなくて、今の大人たちもしっかり行動しないといけませんね。