12月19日(木)

エビピラフ 照り焼きハニーチキン ブロッコリーサラダ ABCスープ クリスマスケーキ 牛乳

照り焼きハニーチキンは、はちみつ、しょうゆ、酒で下味をつけたチキンをこんがり焼きます。

焼くと少し縮みます。ピラフは具を炒めてごはんと混ぜます。

今日は、クリスマスだから豪華です。児童も喜んでケーキをほうばっていました。

箱入りのケーキを、大切そうに食べている姿がかわいらしかったです。

アレルギーの児童も食べられるケーキでした。

12月18日(水)

ごはん 鰆のごま味噌焼き 大豆ととひじきの煮もの かきたま汁 はながたみかん 牛乳

ごま味噌焼きは、白みそ・三温糖・みりん・鮭 しょうゆ・すりごま・いりごま・水少しを混ぜ混ぜして作ります。

鰆につけて焼きます。おいしそうな焼き目がつくまでじっくりと。

かきたま汁は、「卵ふわふわのスープがいいなぁ~」とお願いしたら、調理員さん流石です。

すごくきれいな、ふわふわのスープにしてくれました。卵を入れてすぐ混ぜないことがポイントだそうです。

今日はだしも多めにとったので、コクがありおいしいスープができました。

 

 

12月17日(火)

ミルクロールパン さつまいもシチュー じゃこサラダ バナナ 牛乳

シチューはルーから手作りします。20~25分混ぜ続けます。

午前中は食材を洗って切って、調理作業に従事する調理員さんたち。

午後は何をするかというと・・・

洗浄です。

770人分の食器たち。今日は1人あたり2人なので1540枚です。

そして770人分のスプーンにフォーク・お盆。

クラスにいく食缶やボール、トングやお玉。

それだけでなくエプロンや白衣、台ふきなども洗います。

作業台にのりきらないほどの、すごい量です。

 

12月16日(月)

開花丼 豆乳入り味噌汁 スイートナッツ オレンジ 牛乳

開花丼の卵は、一個一個小さなボールに割り入れ、殻の混入を確認します。

甘辛く具を煮たところに、流し入れます。

スイートナッツは、黒糖を溶かしたところにオーブンで焼いた大豆とアーモンドを入れます。

この間、回転窯をまぜ続けなければいけません。出来上がったところに調理員さんに話しかけると、息がきれていました。

「大丈夫ですか?話しかけてごめんね・・・。」と謝ってしまうほど。

どちらも家庭と比べるとスケールが大きくて豪快です。

 

 

 

12月13日(金)

ごはん 鯖の味噌煮 のり和え 焼きネギのスープ りんご 牛乳

鯖の味噌煮は、落し蓋をしてコトコト煮ていきます。濃すぎず、薄すぎずのちょうどいい味でした。

焼きネギのスープは、このように長ネギを大きめに切って、オーブンで焼きます。甘味が出るようにじっくりと。

それをかまぼこなどのうま味がでているスープに投入すると、とてもおいしいスープができました。

冬の長ねぎが甘くておいしいので、冬限定メニューです。

先生方に、給食の意見をうかがう「いかがでしたかノート」というものがあります。

そのノートに、「総じて美味でした。」などといううれしいコメントがありました。

確かに残菜もいつもより少なく、児童もよく食べていました。よかったです。

 

12月12日(木)

塩野菜らーめん ししゃものさらさあげ パリパリきゅうり ゆかりおにぎり みかん 牛乳

ししゃものさらさ揚げは、しょうゆと酒で下味をつけたししゃもを、カレー粉とでんぷんを混ぜた衣をまぶして揚げます。

その横の作業台では、おにぎりにぎり隊が、せっせ、せっせとおにぎりをにぎります。

休みの子が多いです。全部食べられるかな?と心配しましたが、ラーメンの食缶はからっぽでした。

おにぎりもほとんど残らずほっとしました。

 

12月11日(水)

里芋ごはん ぶりの幽庵焼き ごま和え しょうがいり味噌汁 りんご 牛乳

本日はだし濃いめでやってみました。風邪ひきさんのために、しょうがいりにしました。

ぶりの幽庵焼きは、ゆず果汁の入ったたれを作り、ぶりに下味をつけます。

9時から、焼きはじめるまでの1時間半ほど漬け込みます。

鉄板に並べて焼いて、ほんのりゆず風味です。

里芋ごはんは、枝豆が入って色鮮やかです。季節感満載の1食になりました。

12月10日(火)

麦ごはん キャベツメンチカツ 切干大根のサラダ 呉汁 牛乳

キャベツメンチカツは、たねを丸めて衣をつける作業があるので、とても手間と時間がかかります。

そして作業の間ずーっと、手が冷たく、凍るようです。ただでさえ寒い給食室の中、5~6度のお肉を1時間近くまるめたり衣をつけたり。調理員さんたち、こごえます。

今日は思った以上に時間がかかり、

12:05分の給食時間ぎりぎりまで揚げました。

多くできた分を教室に配りに行くと歓声をあげて喜ぶ子もいました。

「いくついりますか?」ときくと、多いクラスで「10個!」

「本当に食べられる?」ときくと「なめないでください」と言われちゃいました。

大変な献立ではありますが、児童がよく食べるので作り甲斐のある献立です。

12月9日(月)

中華丼 春雨スープ きなこ豆 牛乳

中華どーん。ヤングコーンなどが入って具だくさんです。汁物も、定番ですが人参や小松菜を入れて彩りよく。

給食は具だくさんでとても野菜がたっぷり入っています。

今日の中華丼の中にお野菜が60g以上、汁物でも、20g以上入っています。

たくさん食べて元気になってね。

 

12月6日(金)

根菜カレーライス 福神漬け ビーンズサラダ オレンジ 牛乳

今日のカレーも、ルーを手作りです。根菜は、ごぼう、蓮根、人参などがたっぷり入ります。

児童に人気のカレーは、アレルギーの児童も食べられるように配慮して

りんごペーストや乳製品は使わずに作ります。

本来はバターと小麦粉で炒めるルーも、サラダ油で代用します。

りんごペーストの代わりに、はちみつを増やしたりトマトジュースや豆乳をいれ、味を調整します。

すべての献立を対応できるわけではありませんが・・・人気のカレーだけでも。という思いで、調理員さんと相談しながら試行錯誤続けます。

 

12月5日(木)

白菜のペペロンチーノ ツナとコーンのサラダ 花豆パイ 牛乳

白菜のペペロンチーノ。にんにくはこんなに入ります。オリーブ油を温め、とうがらしを加えて辛味をうつしたら取り出します。ゆでたパスタをからめて出来上がりです。

 

 

花豆パイは古ヶ崎では初めての新メニュー。花豆ペースト、レモン果汁、砂糖、ちょっぴり塩をねり、煮詰めます。

パイ生地にのせて焼きました。和風の甘味がおいしかったです。

子供たちもよく食べていました。

 

12月4日(水)

ごはん すきやき風煮 味噌汁 スナックアーモンド みかん 牛乳

具だくさんのすきやき風煮です。お野菜がたっぷり入って、体にやさしい献立です。

 

 

12月3日(火)                                

ぶどうパン 鮭のグリーンチーズソースがけ アーモンドサラダ 野菜のスープ煮 りんご 牛乳

鮭のグリーンチーズソースがけは、個人的に大好きな献立です。ソースには、クリームチーズ、白ワイン、枝豆ペースト、バター、バジル、パセリ、牛乳、塩こしょうが入ります。クリームチーズがだまにならないように少しずつ混ぜます。

ソースを鮭にかけてオーブンで焼きます。まろやかで、コクのあるソースが鮭にとてもよく合います。

野菜のスープ煮、アーモンドサラダと組み合わせて、とっても今日は(も)豪華です。

 

12月2日(月)

ごはん くるみと小魚の佃煮 じゃがいものそぼろ煮 大根の味噌汁 オレンジ 牛乳

給食の定番のそぼろ煮です。じゃがいもの煮加減は重要です!!

火が入りすぎると、大量調理で混ぜたり配管しているうちにくずれやすいので、

やわらかすぎない程度がよいです。お皿にとり、スプーンで確認します。

 

インフルエンザなど流行もみられお休みの児童が多い中、残菜も少なく、よく食べてくれたな、と思います。

私が教室を回っていると、「おいしいです」と声をかけてくれる児童が多く、すごく礼儀正しいと感じています。

たまに「いつもおいしい給食をありがとうございます。」と言う児童までいて、驚くこともあります。

先生方の指導や、ご家庭での積み重ねなんだろうな、と思います。