理科作品展

 

 松戸市文化ホールで、16日(日)まで開催されました。

 市内小中学校生徒の理科的な作品や論文が出品されるもので、本校からは2年生3名、1年生6名の1作品、8論文が出品されました。

  

論文の部

                                                                                  気体の密度の測定 田中佳奈恵             オクラの観察 佐藤彩奈

   

                 水の塩分とカイワレダイコンの                   一番強いのはどの組み合わせ?              酸素系漂白剤と野菜を使って

                  成長調べ  石井愛美                        ~ハニカム構造について~中村慎之介        酸素が発生する理由 來海桃香

   

               ビタミンCの検出実験 永井大貴            キャベツから紙を作る 浮ケ谷我空           液状化現象を再現! 田村桃花

   

 

作品の部

                ガリレオ温度計 後藤瑠花 

  

 

『リケジョ』という言葉が流行りましたが、本校出品者9名のうち、6名が女子。

本校でもリケジョが多いのか…。

 どこかの大学医学部入試で、同じ得点なら女子より男子を多く合格させる操作があるということがニュースになりました。「理科系」ということで思い出しましたが、あってはならないことですね。