韓国行サッカー 結団式

 

 松戸市国際スポーツ交流事業として、今年はサッカーで韓国に行きます。

その選手として、本校3年 中根大弥くんがメンバーに選ばれました。

また、篠田順也教諭もコーチとして帯同します。

   

                                                         伊藤教育長の話         総勢22名の松戸市中学生選手団

 平成元年から始まったこの事業は、中学生がスポーツを通じて近隣諸国との

友好親善、競技力の向上を目的に交流を行い、サッカー、バレーボール、卓球、

バドミントンが交流種目になっています。

過去には、野球、剣道、柔道、ソフトテニスでも交流しました。

 釜山、大邱廣域市での3泊4日の行程と交流試合を通して、良い体験をして

ほしいと願っています。

 

 私も、この結団式に出席して30年前を思い出しました (蛇足でした…)。