あいさつ運動懇談会

 

 毎週火曜日の朝、暑い日も寒い日も、雨や雪の日も、生徒の登校時間に合

わせて学区の道路、交差点等、辻々に立って、生徒とあいさつを交わしなが

ら交通安全に気を配ってくれています。 すでに10年が経ちました。

 今までに多少の入れ替わりがありましたが、学区の町会長や市議会議員、

消防団員、保護司、少年補導員、交通指導員そして、本校PTAの方々をあわ

せて総勢20名ほどのメンバーです。                                     

                    感謝の言葉を述べた1年生の生徒2人

  

 「元気にあいさつをしてくれるので、こっちが元気もらえる。」とか、

「この子、今日は調子悪そうなので、こっちから声をかけたりする。」

「高校生になって、自転車で通りかかってもあいさつしてくれる。」

等とお話ししてくれました。

 河中生だけでなく、小学生に対する見守り活動にもなっているので、子どもの

成長ぶりがわかって楽しいというお話もありました。

 

 この活動も、今年で11年目に突入しました。

地域の方々の安全・安心に対する意識の高さと、いつもお力を貸してくださって

いることに感謝しております。

生徒たちのため、いつもありがとうございます。

 

 東松戸地区から登校する生徒も増えています。

これから広げていくことが課題の一つです。