漢字検定受検

 

 世の中には、各種検定試験がありますが、学校でやっているものとしては、

漢字検定、英語検定、数学検定があります。

今回は、3年生16名、2年生43名、1年生20名、計79名が2~6級を受検します。

(3年生が少ないのは、関心が低いのではなく2年次に2級、準2級等を取得したからです)

   

   

    

 外部機関の検定試験なので、自分で探して申し込んで受検するものですが、

高校入試で、これらの資格が内申点のポイントになっている現状から、生徒に

少しでも有利になれば・・・という思いで実施しています。

 ですから、こういった機会を逃さず受検すると良いでしょう。 

 

 英語に関しては、現在の大学入試センター試験に代えて2020年度にはじまる

「大学入学共通テスト」において、従来のマークシート式とTOEFLやTOEIC、

英検、GTECなどの民間試験の両方が受験生(現高1生徒)に課せられる予定です。

(2024年から民間試験に全面移行)

このことからも、慣れておいた方が良いかもしれません。