修学旅行 3日目

 

 修学旅行もいよいよ今日が最終日。

この日は、学級別行動で京都市内の見学地を半日回り、京都駅近くで昼食をとり、

新幹線に乗り帰ってきます。

    

 

出発 この日は、2・4・6組と行動を共にしたので、平等院と伏見稲荷が中心となっています。

    

  西本願寺 

    

  平等院

    

    

  

  

  

  伏見稲荷

    

    

  千本鳥居の途中にある重軽石

    

    

    

    

    

 

昼食

    

    

    

 

京都駅

    

    

 

東京駅(帰着式、学級会)

    

    

 

東松戸駅(京葉線~武蔵野線・解散)

    

  

 

 3日間お疲れさまでした。

 自分たちで計画を立て、見学コースを決めて、当日はやりきるという目標を

達成することができました。

 また、修学旅行実行委員の取組み過程での動きや集会の持ち方、リーダー会

での様子を見ていると成長したなあと感じさせられました。

3年生は、体育祭での競技や応援に全力を尽くしたことと、今回の修学旅行で

『お互いの良さを認め合う』ことや『自己有用感』を持つことができたのでは

ないでしょうか。

 それが、これからどんな力となってあらわれるのかは、河中通信6月号を参照

してください。

 

 自分が今まで頑張ってきたことや経験を誇りとし、これからの定期テストや

実力テスト(学力テスト)に向けての取り組みに全力を注いでほしい。

そして、自分が思い描く将来に向けての進路選択、決定を目指そう。

 さらに、部活動に入っている者は、最後の大会やコンクールに向けて

『力いっぱい、精いっぱい』です。

 

 とても良い修学旅行を経験した3年生だからできるはずです。