たまプロ・インターン

 

 と、タイトルに書きましたが、千葉県教委の事業の一つで、将来教員を目指す

大学生が学校で「職場体験学習」をすることで教員の仕事を知ることと、自分に

適性があるかをも知ることができます。それが、通称「たまプロ」、正式名称を

「千葉!教職たまごプロジェクト」と言います。

 今年は、大正大学4年の北原桜花さんが毎週月曜日に来ています。

3年生の逆井先生のもとで学んでいます。

    

 そして、もう一人、たまプロと同様の内容でインターンシップとして金曜日に

来ているのが聖徳大学4年生の水沼香枝さんです。

2年生の川口先生のもとで学んでいます。

また、9月に教育実習を行う予定もあります。

 

 2人とも社会科の教員免許取得と、将来は教員になりたいという思いを強く

感じさせる学生です。

先生方も忙しいなかですが、「後輩を育てる」という気持ちで面倒を見てます。