1年生の理科の授業(野外観察)

 

 河中の中庭から生徒の声が聞こえました。

覗いてみると、1年生が植物観察をしていました。

スギゴケ、ドクダミ、タンポポ、ナズナ、カタバミ…たくさん生えています。

今日は、「いろいろな植物と生えている場所の特徴」を調べる理科の授業で

野外観察に出ています。 授業者は亀山先生。

   

予想

 ・ドクダミはどのような環境に多く生えていると思うか。

 ・湿り気の多いところには、どのような植物が生えていると思うか。

観察方法

 ・地図に日当たり、湿りぐあいの異なるポイントを書く。

 ・観察する植物を決め、校庭に出て観察の記録を地図に記入する。

 ・観察記録をもとに、植物の生えている場所と種類について特徴をまとめる。

そして、考察まとめをする、という授業です。

 

 教室で椅子に座っての授業も良いけれど、外に出るのもいいなあと思って

生徒の様子を見ていました。