平成29年度 修了式

 

 式に先立ちまして、先日優勝した「東葛地区中学校野球選手権大会」の表彰を

行いました。

  

 

開式の言葉

 

 

代表生徒の言葉

  1年代表 北山 風香

 

 私たちが河原塚中学校に入学して1年が経とうとしています。長いようで短い

この1年間で、1年生はたくさんのことを学び成長しました。

3学期は、私たちの成長した姿を3年生に見せることができました。3年生へ感謝

の気持ちを伝えるために何ができるか考えました。その結果、全員がこの想いを

伝えるためにマスゲームや全員で踊ったバブリーダンス、合唱に力を入れました。

終わった後の達成感はとても大きかったです。

 

 学校生活の中では、2分前着席が少しずつできるようになってきました。また、

注意する人が多くなり、学級でまとまりができてきました。さらに、学年の一番

の長所である、明るく元気なところを生かして行事を成功させることができました。

 体育祭では各色や学年全体が団結することができ、とても盛り上がりました。

また、合唱コンクールでは「金賞をとる」という一つの目標に向かってクラス全員

が全力で取り組むことができたと思います。そして、学年合唱では、一人一人が気

持ちを揃えて素晴らしい歌を歌うことができました。

 しかし、その一方で改善点もあります。並ぶ時の私語や行動にメリハリがついて

いないという点です。整列するときに話してしまったり、だらだらと行動する人が

多くいます。そのせいでやり直しをすることがありました。その結果、そのまま行

動してしまい、時間を無駄にしてしまうことがあります。一人一人が意識しないと

いけないことだと思いました。

 

 2年生では、勉強や部活を中心に努力していきたいです。勉強では、3年生の受

験期に向けて、今から毎日勉強する習慣をつけて、学年全体でテストの点数を上げ

ていくことが大切だと思っています。また、部活動では、後輩が入ってくるにあた

り先輩らしく優しく教えられるといいです。

 充実した1年間を過ごすためにがんばっていきたいと思います。

 

  2年代表 林 航輝 

 

 今学期、私が努力したことは3つあります。

 一つ目は、部活動です。

 部活動では、寒い日々が続いたなか、みんなで切磋琢磨し高めあってきました。

その結果、大会では一戦1戦勝ち進むことができました。全体を見ると、少し気が

緩んでしまった部もあったと思うので、来年度は河中の部活動一丸となってがん

ばっていこうと思います。

 二つ目は、勉強です。

 学力の向上を図るために、「暇な時間をつくらない」という事をテーマにして

「量よりも質」ということを意識しました。学力の大幅な向上には至りませんで

したが、3年生に向けての課題が見つかったので、その克服に向けてがんばろう

と思います。

 三つ目は、学級委員として働いたことです。

 学級委員になるのが初めてだった私は、最初、どんなことをやるのかが分から

ず不安でしたが、周りの支えと日々役割をこなしていくうちに成長していること

がわかるようになってきました。その結果、自分が注意していることを聞いた仲

間たちも、同じように周りに注意したり呼びかけたりしてくれることが増えたの

でとてもうれしかったです。

 それ以外でも、3年生を送る会の2年生の発表は、今までの練習の集大成として

3年生に見せるという気持ちで全力で行いました。発表後は、「大変だったけど、

ここまで頑張れた」という達成感があり、気分が良くなっていました。

 

 来年度は最終学年となります。3年生としての立場を考え、授業態度や部活動な

どへの意識を高めていくことと、生活面での行動を今以上にきちんとし、後輩の手

本となれるような先輩になれるようにがんばります。

 

  7組代表 池崎 美也

 

 3学期は、ひとつひとつの行事をがんばりました。

 まず、鎌ケ谷市役所バザーに取り組みました。作業の時間に作った縫製作品や

木工作品、そしてマドレーヌを販売しました。一生懸命作った製品がたくさん売

れて良かったです。

 3年生を送る会では、感謝の気持ちを伝えようとみんなで協力して発表するこ

とができました。

 4月になり進級したら、林間学園や修学旅行に向けて、集団や周囲のことを意

識して全員で素早く行動できるようにしたいです。

私達は、上級生としてしっかりあいさつをしたり、姿勢をきちんとしたりして後

輩の見本になりたいです。

 新3年生は、受験生としての自覚を持ち自分から学習できるよう頑張りたいです。

 

修了証授与

      1年 水野 史       2年 寺井 悠     7組 中村 好花

   

 

校長の話

    

  1年間の「修了」…みんなは何を「修めた」のか。

  自分と自分を名づけてくれた人の思いを大切に。

  4月5日(木)に元気にまた会おう。

 

校歌斉唱

     指揮 竹本 勝洋         伴奏 山本 花鈴

   

  当たり前のことですが、大きな声で立派に堂々と歌いました。

 

閉式の言葉

   

 

生徒指導主任の話

  

  稔台小付近で男子生徒数人が、河中東門横の坂道では女子生徒数人が、

 それぞれ困っている方を助けて学校に感謝を伝える電話をいただいた。

 

栄養教諭より

  

  量だけでなく、栄養価と栄養のバランスを考えた給食は、身体を作る。

  来年もしっかり食べよう。

 

 最後に

 私ども教職員一同、大切なお子さまをお預かりし、力の限り今日を目指して

指導してまいりましたが、誠に微力であり、ご期待に添いえたか甚だ懸念いた

すものであります。

 これからも、本校が地域の中学校として、皆さまにいつまでも大切にされ、

心のよりどころとなるよう教職員一同努力してまいりますので、今後ともよろ

しくご支援くださいますようお願いいたします。

  一年間、ありがとうございました。     

                          校 長  前 原 高 雅