あいさつ運動懇談会

 

 河中は、河南環境美化の会の方々による「花ボランティア」でお世話になってい

るだけでなく、毎週火曜日に学区の通学途上の道に立ち、登校の見守りをしてくだ

さっている方々にも支えられています。

 PTA本部役員と町会長、自治会長、市議会議員、保護司…等の方がメンバーで、

総計33名です。

なかには、活動に参加して11年目という方もいらっしゃいます。

  

 「稔台小付近で倒れていた高齢のご婦人を4人の2年生男子が、近くのお店の方

  と協力して助け、支え、ご主人に引き渡すことができた。ご主人はたいそう

  感激して、感謝の気持ちを述べていた。」という良いお話がありました。

   ― 実際に、お礼を言いに学校まで来てくださいました。

   ― ちょうど、学年末テスト中だったので、生徒とは会えませんでした。

 また、

 「いつものあの子が通らないと、休みかなと心配する。」

 「あと2,3分早く家を出れば、走らなくても済むだろうに。」

 「河中生はシャイなのか、あいさつは以前より小さくなったかな。」

 「笑顔で会釈する生徒がいるのがいい。」

 「登校する生徒を見ていると、落ち着いた良い子が多いのがわかる。」

 「毎週火曜日に、河中生からエネルギーをもらっている。」

というお話や、安全面から町内の街路灯の話等もでました。

必要なことは、市の関係部署にも要望を出していきます。

 

 河中は、地域の方々に支えられています。1年間ありがとうございました。

次年度もどうぞよろしく願いします。

 

 ※あいさつ運動をしてくださっている方々に対して、3年生が感謝の作文を

  書き、朗読しました。内容は月曜日に紹介します。