2年生 職場体験学習

 

 「2030年、今の子どもたちの65%は、今無い職業に就く。」とか、

「AI(人工知能)の発達で人の仕事もコンピュータがとってかわる。」等と

言われています。

 また、新聞によれば、「日本を代表する3メガバンク(みずほ、MTUB、SMFG)

も構造改革に乗り出し、IT化やAIの活用を進め、人員や店舗をスリム化する。」と

ありました。今後どんな職業が生き残り、どんな職業が誕生するのでしょうか。

 平成の次の時代は、予測困難な時代かもしれません。

そういった時代に生きていく子どもたちの未来に目を向けさせるために、まず

足元をしっかり見つめさせる。その後に先を見させることが大事だと考えます。

 職場体験学習について、文科省は5日間の実施を奨励していますが、それでは授業

が遅れるし、受け入れる事業所側も大変です。

河中の2日間にわたる職場体験学習は、65か所の事業所にお願いして行いました。

    

      

                                                  体験先(HONDA cars)で頂いたミニカー

                                                   (ヘッドライトが点灯するそうです)

 まだ、2年生の先生方から写真が手元に届いてないので、とりあえず紹介できる

分だけ載せました。今しばらくお待ちください。集まった時点でまた紹介します。