東松戸祭り

 

 今年で10回目を迎える東松戸祭り。かなりの来場者でした。

 河中生は10名の生徒がチラシ配布等のボランティアを、そして、吹奏楽部は

ステージで聴かせる演奏を披露してくれました。ありがとう、お疲れ様でした。

 さらに「河原塚中学校を応援する会」(河南環境美化の会、あいさつ運動協力会)

の方々とPTAの方々が、ゲーム、かき氷、味噌おでん、飲み物、バッグ等の

手作り作品のお店をだしました。売り上げの一部で河中に何かしらの形で貢献して

くださるということです。ありがたいです。

 午前中は日差しも強かっただけに、かき氷は早々に完売になりました。

   

   

   

 松戸市でも大橋から和名ケ谷、秋山、紙敷、高塚、高塚新田、河原塚、そして

東松戸駅周辺までが「東部地区」と呼ばれています。

 北総線が通り、宅地化も進み、市内でも急激な人口増が見られるところです。

将来的には北総線沿いの北千葉道路が地域を通り、外環道と結ばれるそうです。

 そういった環境の変化の激しい地区でもありますが、だからこそ地域の行事を

通して人々の結びつきとか絆を大切にできたらと思います。