1学期末保護者会

 

 1学期を振り返って、校長、各学年主任、生徒指導主任の話だけでなく、

生徒による「1学期の振り返り」の話がありましたので紹介します。

 

1年 大﨑さん 

 1学期を振り返って、1年生はみんなが明るく、そして、クラスで支えあいながら過ごしていました。

その中でも特に良かったことは―

 ・部の先輩や先生方へのあいさつができた

 ・体育祭での応援練習でクラス一丸となって協力できた

 ・授業では、皆が積極的に手を挙げて発表していた      ことです。

改善点は―

 ・提出物が良くない、忘れ物が多い

 ・移動中の私語が多い

 ・先生がいなくなるとすぐ喋ってしまう

 ・給食の食べ残しが多い                  ことです。

 2学期に、合唱コンクールなど、たくさんの行事が控えているので、自ら考えて行動することの一つとして、『誰からの呼びかけなしに2分前着席ができるようにしていきたい』と思います。

 毎日の生活と行事に取り組む過程を大事にし、みんなで協力し合って達成感やこのクラスで良かったと思えるような2学期、そして、1年間にしていきたいと思います。

 

2年 二川さん、布川さん 

 私たち2学年は、6月14~16日に林間学園を実施しました。スローガンである『新たなクラスで深める絆』 ~ 仲間とともに最高の林間を作り出そう ~  を胸に3日間過ごしました。私たちは、この2泊3日でさらに絆を深めることができました。

 1日目の朝は雨天でしたが、しっかりした態度で出発式に臨みました。バス内では、バスレク係が考えたレクを全員で楽しむことができました。五色沼のハイキングでは・・・途中略・・・しかし、そのおかげで他団体への思いやりが持てたり、素早く行動することが意識できるようになりました。

 2日目の猫魔ヶ岳ハイキングでは、班内でお互いが手を取り合い協力して登っている姿が見られました。学年全員が自分の限界が超えてもあきらめずに頂上を目指して登りました。その頂上からの景色は何とも言えない美しいものでした。

 3日目は『班別行動』を行いました。飯盛山、鶴ヶ城、武家屋敷、どの場所も班員全員が楽しく過ごせてなおかつ満足することができました。

 この3日間で、私たちは心も体も成長することができました。福島の地でお互いに助け合って過ごすことができました。しかし、課題もたくさん見つかりました。それは、私語が多かったり、行動が遅れ他の団体に迷惑をかけてしまいました。今回の経験を生かして、私たち学級委員が全力で引っ張っていけたらいいと思います。

 

3年 金子さん、南雲さん  

 今年の体育祭は、僕ら3年生にとって最後の体育祭。そして、自分は応援団長という貴重な経験をさせてもらった体育祭でした。

 河中には、伝統的な各色による応援合戦があり、体育祭の目玉となっています。応援の内容や構成を自ら考え、それを下級生に教えることはとても難しかったです。時間はどんどん過ぎ、応援や踊りにも磨きがかかってき、そして、本番当日。朝から心臓がバクバクしっぱなしでおかしくなりそうでした。あっという間に順番が回ってきて、とても緊張しましたが、最高の応援ができてとても気分が良かったです。応援賞は取れませんでしたが、それ以上のものをつかんだ気がしました。

 この取組み期間と当日で、自分たちを成長させてくれたのは各組の仲間です。とても感謝しています。

 次に修学旅行です。今回の修学旅行の目標は、『集団としての自覚を持ち、楽しい三日間の生活の中で学びあう旅にし、公共のマナーやルールを身につけよう』でした。

準備は2年の3学期より行い、班長や実行委員を中心に係や学級での話し合い、ルールづくり、事前学習…等、一人一人が自分のやるべきことができていたと思います。

2日目の班別行動では、計画がずれてしまうこともありましたが、臨機応変な行動ができて良かったです。

 修学旅行の準備と3日間を通して、大切なことを学ぶことができました。それは、時間を守ること、自分の仕事に責任を持つこと、皆で協力することです。逆に、今やるべきことを忘れて楽しむことを優先してしまう時があること、時間やルールに対する意識が人によって違ってしまう時があること、これらは今後の改善すべき点です。

 いろいろなことを学ぶことができた修学旅行でした。

 

 7組 山口さん 

 1学期に行った7組独自の行事は2つです。

 一つ目は、一中、六中、河中の三校交流会です。3つの学校が一中に集まって運動会をしました。僕は、応援団長を務めました。とても貴重な体験ができたと思います。一中、六中のみなさんととても仲良くなれました。これからもこのような交流会を増やしていきたいです。

 二つ目は、松戸市役所バザーです。バザーでは、作業学習で作った作品を販売しました。自分たちが作ったものを買ってもらえるのはとてもうれしいです。

 次のバザーは、河中バザーです。それに向けて、よりきれいな作品を作れるように頑張っていきたいです。 ぜひ、見にいらしてください。

 

 その後、河中職員の話がありましたが、

     

 生徒たちの話が一番よく伝わったかもしれません…。

 

 

 この日は天候の崩れが心配されましたが、保護者の皆さまには多数

ご来校いただき、ありがとうございました。