2年生 林間学園 1日目

 

 6月14~16日に、2年生は、福島県磐梯方面へ林間学園に行きました。

目的は、

 今までの準備、計画を実践する力と安全に気をつける(危険察知)力を伸ばす。

 生徒同士、生徒と先生…等、人間関係の大切さを学ぶ。

 都会の便利さをそのまま持っていくのではなく、大自然の中、少々の不便さの

ある中で生活することを勉強する  等です。

もちろん、自然の中で楽しまなければいけません。

 

 松戸市立学校を卒業された保護者の方は、小学校の林間学園は軽井沢へ、

中学校では、長野県の白樺高原荘(宿舎と黄色テントorバンガロー)に行かれた

方がほとんどだと思います。それら施設も老朽化が進み、修繕や維持が困難に

なり、中学校では、およそ20年ほど前から自由化されました。

 蓼科山、北横岳、車山等の登山。八島湿原ハイキング、ファイヤーストームを

囲んでのキャンプファイヤー、フォークダンス、カレー作り・・・。

思い出されることが多いのではないでしょうか。

 

 さて、お子さまたちの林間学園の様子です。

出発時は小雨もありましたが、福島は晴天でした。

出発前日の事前指導

    

グラウンド集合

     

出発

    

    

    

    

    

    

桧原湖(昼食)~五色沼ハイキング

    

    

    

    

磐梯青年交流の家・夕べのつどい

    

    

夕食

    

    

レク大会

    

    

自由時間

    

班長・部屋長会議

    

 

  青少年交流の家では、私たち以外にも6年前の東日本大震災後に児童数が

4分の1になった福島県の太平洋側の小学校の児童や、技術・技能取得のため、

1か月の研修期間中の宿泊場所としている東南アジアの若者たちが宿泊して

いました。

 彼らは、研修期間が終了したら東北地方の各県にある漁業関係の工場で

数年働き、その後、母国に戻り指導者となるのだそうです。

※ 不都合な写真がありましたらお知らせください。すぐ削除します。