1 月             

 つぶやき

10日

七草ごはん

肉豆腐

大根の葉と卵のみそ汁

ポップビーンズ

牛乳

 

待ちに待った給食の再開です。

人日という節句(1月7日)の朝に一年の無病息災を願って食べられる日本の行事食、七草粥をイメージ

したメニューです。この七草粥をたべるという行事

は、平安時代には行われていたらしく、室町時代の

汁物の原型ともされているそうですよ。

 せりなずな ごぎょう はこべら ほとけのざ

 すずな すずしろ 春の七草 

七草は入っていませんが、体にやさしく、おいしい

給食でした。「やっぱり給食が一番 !」と子どもも

いっていました(笑)

11日

米粉クリームパン

揚げ出し豆腐

春雨スープ

牛乳

 

 

 

 

 

 

 

ミルキー感

伝わっていますか?

米粉でつくったクリームが入ったクリームパン。

ほぼ豆乳と三温糖と米粉で作っているそうなのです

が、ミルキーな仕上がりです。「これにチョコを入

れるとコロネのクリームになるし」と栄養士さんが

言い始めたので、いろいろアレンジできるねと話が

盛り上がり、春には抹茶やラズベリーを入れたり、

夏はブルーベリーもいいなと構想が広がりました。

揚げ出し豆腐は、

あんがたっぷりで本体がよく

みえないのですが、

揚げ物名人が揚げた豆腐なの

で、実によい香りのおいしい

揚げ出し豆腐でした。

あんもきれいでしょう!?

ほんのり生姜の香りよいスープ。体が温まります。

12日

味噌ラーメン

下町ポテト

黒糖甘食

牛乳

   

 湯気でかすんでしまい

見づらくてすみまん。 

いつもながら味噌ラーメンの味の良さに驚かされるのですが、今日は特に赤味噌と野菜の旨みが生きる逸品でした。 

 

黒糖の甘食もおいしかったの

ですが、形がいびつ。原因は

オーブンの温風のせいで上に

ふくらもうとするのを阻止し

ていたようですよ。

さりとて温風を止めてしまうと、焼けむらができてしまうということで、山が片方によってしまうという、手づくり感満載の甘食になってしまったということでした。おいしいからいいよね )^o^(

15日

豚キムチ丼

もずくスープ

杏仁豆腐

牛乳

豚肉がたっぷり入り存在感があります。最近は肉より高い野菜もたっぷりと入っていてキムチの

ほんの少しの辛みと野菜の甘みでご飯が進みます。おかわり続出だと思いますよ。

 

もずく独特の食感とふわふわの卵、玉ねぎと長ネギの旨みと、それぞれのよさを発揮し奏でられた、ご飯によく合うスープでした。

杏仁豆腐のアーモンド入り牛乳寒天も味・固さともにバッチリでした。

16日

シナモントースト

冬野菜のポトフ

茎わかめサラダ

みかん 牛乳

 

世間では価格の高騰で、野菜が…という中、白菜、かぶ、玉ねぎ、にんじん、大根、ブロッコリーとたっぷりの野菜が入ったポトフ。

なんと贅沢なメニューでしょう。ウインナーの方が

目立つのですが、鶏肉がよい味を出していました。

サラダも茎わかめばかりか、キャベツ、にんじん、

大根、コーンが入っています。すべて国産の食材。

それでも一食290円。栄養士さんの腕です。感謝!

 

マーガリンをたっぷりと塗り、

グラニュー糖がかけられていて

子ども向けのほどよいシナモン

の香りがするトーストでした。

甘いパンが苦手な子もいますが、耳までおいしく食べられるトーストでした。

17日

ごぼうとベーコンの

シチユーライス

大根の中華サラダ

スーミータン

いよかん 牛乳

   
18日

かきたまうどん

きびなごの胡麻揚げ

ワカサギの胡麻揚げ

鮭わかめおにぎり

からし和え

菊花みかん 牛乳

   
19日

免疫力のつく

   発芽玄米ごはん

鮭の紅葉焼き

もやしの胡麻和え

のっぺい汁

みかん 牛乳