校長室の窓(11月)

11月29日(金)マラソン大会

 雨のため、1日延期しての実施となりましたが、市立松戸高校の広々としたグランドをお借りし、晴天の下マラソン大会を実施することができました。初めてマラソン大会に挑戦する1年生の初々しさ、昨年までの経験から、少したくましくなった2,3年生、スタートラインに立つ真剣な眼差しや姿が際立つ高学年、などなど、私は当日スターターの役をいただき、それぞれの学年の様子をつぶさに感じ取ることができました。東松戸小の子どもたちは、自分の目標に向かい日々真剣に練習に取り組み、大会では精一杯力を発揮して、最後までしっかりと走り切りました。とても立派でした。
 

3年女子 3年男子 4年女子 4年男子
2年女子 2年男子 1年女子 1年男子
5年女子 5年男子 6年女子 6年男子


11月28日(木) 心がはっとしました

 各教室の廊下の壁には、子どもたちの学習の成果である作文や個人新聞、作品などがいつも掲示されています。毎日廊下を歩いていると、思わず立ち止まり作品に引き込まれています。3年生の国語の授業で一人一人が創った詩「心がはっとしたこと」は、私も心がはっとするくらい感動しました。2年生の廊下に貼られていた詩は、内容もさることながら、子どもたちが描き添えたテントウムシが愛らしく、ことさら詩が心にしみました。3階のオープンスペースの「1年生のことばの木」も葉が生い茂り、紅葉した葉っぱもつきはじめました。みんなすくすく育っています。

    


11月27日(水) 合同作品展  ~たんぽぽ学級体験学習~

 たんぽぽ学級の子どもたちが、松戸市文化ホールで開催されている「合同作品展」の見学にでかけました。文化ホールまでの道程では、自分でお金を払ってバスに乗り、切符を買い一人で改札を通って電車に乗るなどの体験学習もしました。文化ホールでは、自分たちが作った作品だけではなく、松戸市や鎌ケ谷市の他の小中学生が作った作品も、興味深く鑑賞しました。作品展は、12/2(日)まで開催しています。ぜひ、松戸市文化ホールで子どもたちの作品をご覧ください。
    

 
11月26日(火) 河原塚中2年生職場体験学習

 河原塚中の2年生は、今日と明日の2日間、職場体験学習を行っています。東松戸小にも、未来の先生志望(?)の6名が来校しました。授業の補助や個別学習の支援、清掃、給食の手伝い、休み時間一緒に遊ぶなど、東松戸小の一日を体験しました。小学校を卒業してわずか2年弱しかたってないわけですが、さすが中学生、とてもしっかりしていて、進んでいろいろな仕事をしてくれました。
 


11月25日(月)4年総合的な学習の時間 ~まつり寿司を作ろう~

 4年生は、総合的な学習の時間に、私たちの住む「千葉県について」学びを深めています。今回は、今日と明日2クラスづつに分かれ、千葉県の郷土料理「まつり寿司」を作る体験学習を行います。実習の様子を見に家庭科室に行ってみると、1グループに保護者が一人ついて、4年生をサポートしてくださっていました。包丁を扱う作業や簀巻きに初チャレンジの子どもがいるところで、このように保護者の皆さまにサポートしていただけることは、本当にありがたいです。まつり寿司に包丁を入れ、きれいなお花が現われると、あちらこちらのテーブルから「おお~!」と歓声が上がっていました。
   

11月24日(日)第24回東部地区ふれあい広場

 24日、第五中の体育館で、東部地区ふれあい広場が開催されました。あいにくの雨でしたが、地域の方の演奏や舞踊などがステージで披露されたり、新鮮な野菜や日用品の販売があったりと、体育館の中は多くの人で賑わっていました。豚汁をいただき、とても美味しかったです。
  

11月21日(木)市教育委員会計画訪問

 今日は、市教育委員会から48名の先生方をお迎えし、3時間目と4時間目の全授業を見ていただきました。時間帯によっては、教室の後ろや横が背広姿のお客様で一杯の状態になりますので、「一体何・・・。」と戸惑いも見えました。しかし、すぐに子どもたちは、いつも通り活発に授業に臨んでいました。講師の先生方からは、東松戸小の子どもたちの学びに向かう姿勢をはじめ、たくさんたくさんほめていただきました。
   

11月20日(水)家庭科の授業

 職員室の高畠先生の机の上に、たくさんの紙コップ・トレー・茹でたじゃがいもがのっているので、「これは何ですか?」とお聞きすると、家庭科の授業で使う教材ということでした。授業を実際に見に行くと、”料理に適したじゃがいもの種類”の学習が行われていました。調理実習を行う前に、使われる食材について、6年生はたくさんのことを学んでいました。授業は活発に質問や意見が交わされ、修学旅行の姿と重なりました。ちなみに、今日高畠先生が指導していたのは、受け持ちのクラスではない1組です。6年生では、中学校進学を見据え、担任の先生以外のクラスの学習指導も取り入れています。今日もその一環の授業でした。ところで、今日の授業で、じゃがいもが69種類もあるということを知りとても驚きました。一体どんなじゃがいもがあるか、調べてみたくなりました。
   


11月19日(火)マラソン大会にむけて

 マラソン大会が10日後となりました。どの学年も、業間休みや体育の時間を使って、一生懸命に練習に取り組んでいます。本校のマラソン大会は、市立松戸高校のグランドをお借りして開催します。1年生は、マラソン大会は初挑戦ですから、先日、市立高校の場所を確認にでかけました。長い距離を走り続けることは、ほとんどの人にとってつらいものです。しかし、自分の目標を持ち、仲間と一緒に頑張ることで、成長期の心や体はたくましく鍛えられます。本番間近となり、だいぶ寒くなってきました。ご家庭での健康管理への協力をどうぞよろしくお願いします。
   


11月18日(月)3年生スーパー見学 ~スーパー「ベルクス」~

 3年生は、6日と14日の2日間、2クラスずつ、東松戸駅近くのスーパー「ベルクス」の見学を行いました。スーパーで働く方々には、子どもたちが事前に調べたことや疑問点をインタビューさせていただき、その一つ一つに丁寧に答えていただきました。また、普段買い物をしているときは、見ることができないバックヤードの鮮魚や精肉の加工作業の様子も、見せていただきました。ベルクスの皆さま、お忙しい中子どもたちのために、お時間をさいてくださり、ありがとうございました。
    


11月14日(木)ことばを育てる親の会講演会

 本校の会議室を会場に、ことばを育てる親の会講演会が開催され、本校はもちろん本校以外からも50名ほどの保護者が来校しました。講師に貝の花小学校の椎橋教頭先生をお迎えし、「多様な学びの場と社会自立」というテーマで、2時間半(予定は2時間でしたが、質問が次々に出され、予定時間を大幅に延長したそうです)ご講演いただきました。通常学級、通級指導教室、特別支援学級など多様な学びの場の持ち味などを、豊富な実践に基づき、わかりやすくお話いただきました。また、小中学校のお話に留まらず、高校や大学、就労など、ライフステージを見据えたお話もしていただきました。


11月13日(水)ふれあい校内オリエンテーリング

 今日のロング昼休み(昼休み~読書の時間)は、児童会の企画により、高学年と低学年が組むふれあいグループでの校内オリエンテーリングが開催されました。子どもたちは各グループに分かれ、校舎内13か所の秘密の場所に隠された暗号カードを集め、レベル1~レベル5まで分けられた19個の難問に答えました。高学年が低学年を優しく手をつなぎリードし、頭を突き合わせてミッションに取り組む姿がとても微笑ましかったです。レベル2の3問目には「校長先生の名前は?ヒント□□□□こ」という問題もとりあげていただきました。ロング昼休み中は、名札を隠してみんなの様子を見ることにしました。ちゃんと答えてくれましたか?
    


11月12日(火)2年生町たんけん

 大雨で延期になってた2年生の町たんけんが、やっと実現しました。地域にあるお店や施設などを訪れ、働く人の様子を見学し、インタビューをさせていただきました。東松戸小の2年生がお世話になったのは、「松戸南郵便局」「マブチモーター」「東々」「松飛台駅」「かに甲羅」「園芸植物育種」「ヤマト運輸」「新京成バス」「東松戸保育所」「東松戸駅前交番」「新華園」の11か所です。お忙しい中、子どもたちのために、丁寧に対応してくださり本当にありがとうございました。東松戸小のある東部地区は、長い歴史がある地域です。さらに近年は、新たにこの地域に住まう人が増え、お店や施設が次々に誕生する松戸市の中でも特に活気のある地域です。この地で育つ子どもたちにとって、この町たんけんにより、自分たちの生活が様々な人々と関わっていることに気づき、地域に対する親しみや愛着が増したのではないかと思います。保護者ボランティアの皆さま、お店や施設への引率など、大変にお世話になりました。ありがとうございました。
 

 

11月11日(月)給食試食会

 家庭教育学級で、給食試食会が行われました。菅井栄養教諭から、東松戸小の給食の工程や工夫について説明した後、実際の給食を配膳から体験していただきました。この日のメニューは、かきあげ天丼、大根ときゅうりのさっぱり和え、豚汁、メープルカシューナッツ、牛乳です。感想をいただきましたので、いくつか紹介します。

  • とってもおいしかったです。塩分が2gなのに、うまみが感じられました。本当にたくさん手をかけていただいて感謝です。子どもたちは幸せだなあと思いました。
  • いろいろな制約がある中で、毎日違う献立を考えてくださる菅井先生とたくさんの量の食事を早朝から作ってくださる調理員さんには感謝しかありません。とてもおいしくいただきました。豚汁は出汁が利いていて、塩分を減らしている感じがありませんでした。
  • 想像よりも手作りをしてくださっていて驚きでした。朝6時半から始められていることや衛生面を思っていた以上に気をつけてくださっていてありがたいです。とても美味しかったです。
     
11月9日(土)6年修学旅行2日目

 2日目の朝は、日光湯元温泉の源泉めぐりからスタートです。早朝というのに、昨晩湯元温泉に泊まっていた小学生で源泉は大渋滞。気温は0℃で、源泉から立ち上る湯気で温まりました。楽しく過ごしたお宿とお別れし、まず足尾銅山に向いました。ここでもタイミングよく、他の団体がまだ来ていなく、ほぼ東松戸小貸切状態で見学することができました。東松戸小の子どもたちは、銅山のに展示されている動く人形のような模型よりも、その横に書かれている説明書きを一つ一つじっくりと読み、しおりに実に細かくメモをとっていることに感心しました。資料館でもその姿は同じで、細かな資料をじっくりと読み、一人一人の学ぶ意欲の高さを感じました。次に、富弘美術館に行きました。ここでも、子どもたちは、メモを片手に、自分の心に感じたことを熱心に記録していました。美術館の方から、「小学校の団体で、このような子どもたちは初めてです。」とお褒めの言葉をいただきました。最後は、わたらせ渓谷鐡道のトロッコ列車に乗り込み神戸駅から足尾駅間の絶景と紅葉を楽しみました。トロッコ列車から見える景色に歓声をあげ、テーブルを囲んでおやつタイムを楽しみました。帰路もほとんど渋滞がなく、ほぼ予定通り、全員元気に帰校しました。6年生は、学ぶときは真剣に学び、楽しむときは大いに楽しみ、終始とても立派な態度で修学旅行を行ってきました。この6年生と一緒に過ごした2日間は、私にとってもかけがえのない時間となりました。


11月8日(金)6年修学旅行

 ☆当HPに現地からの修学旅行速報も掲載しています。そちらもご覧ください。
 お天気に恵まれ、雲一つない秋晴れの下、6年生は元気に学校を出発しました。行きは、外環道の渋滞に巻き込まれましたが、東北道に入ってからはスムーズに流れ、日光東照宮には予定よりやや遅れでの到着となりました。世界遺産の日光東照宮は、色々な国々からの多くの観光客や小学生で大混雑で、特に陽明門は大渋滞でした。このような混雑の中でも、各グループで計画していた見学ポイントを逃さず、必死にメモをとる東松戸小の子どもたちでした。昼食をとり、次に訪れた華厳の滝では、たくさんの団体が来ていたにも関わらず、タイミングが良かったせいか、運よく待ち時間0で並ばずに(普段はものすごく並びます)観瀑台に行くことができました。滝から落ちてくる水の量が普段の2倍?と思われるくらいの物凄い量で、全員で迫力に圧倒されました。次に三本松に向かうと、それまで頂上付近が雲で覆われていた男体山が、私たちを待ってくれていたかのように雲がとれ、男体山の全容をバックに、学年全体集合写真を撮ることができました。10数回修学旅行を引率している作田先生でも、こんなにきれいに男体山が撮れるのは初めてとおっしゃっていました。とても運がいいです。最後は、湯滝に向けて、小滝コースをハイキング。実行委員があらかじめクイズを準備してくれていて、グループはそのクイズを答えられないと先に進めません。各グループは、クイズと大自然を満喫しながら、和気あいあいと散策しました。順調に行程を進め、宿には予定より30分も早く到着することができました。その分、お風呂やおみやげタイムを長めにとることができました。夕食後は、日光彫に挑戦。講師の方はいともたやすく作品を彫り上げていましたが、やってみるととても難しく、あちらこちらから悲鳴?があがっていました。作品の上手下手はおいておいて、それぞれに味のある作品に仕上がっていましたよ。旅のよい思い出ができましたね。


11月7日(木)第4回創立記念式典

 今日は、スペシャルゲストの伊藤彰さんと森擁雄さんをお招きし、第4回創立記念式典を行いました。伊藤さんは、東松戸小の校舎をデザインしてくださった設計士さんで、森さんは、現在本校の用務員さんですが、前職は東松戸小開校準備のときの教育施設課長さんなのです。今日は、東松戸小ができる前のようすやこの校舎がどのような考えのもとで設計されているか、お二人から詳しいお話を聞くことができました。デザインコンセプトである「一体感のある学校」「風通しの良い学校」のお話は、ここに毎日暮らすものとして、とても実感できるお話でした。東松戸小を実際につくってくれた方のその方しか知り得ない貴重なお話を聴く機会を得て、改めてこの学校にはいろいろな方の想いや願いがたくさんつまっていることを感じる記念式典でした。伊藤さん、森さん、ありがとうございました。
     


11月6日(水)4年生校外学習 ~房総のむら~

 天気に恵まれ、真っ青な秋空の下、4年生は元気に全員で「房総のむら」に校外学習にでかけました。まず到着後からお昼の時間までは、広大な房総のむらに隠された謎(クイズ)を解き、村をグループで巡り、”房総のむらミッション”に取り組みました。お弁当を食べた後は、「町並み」を散策し、昔の時代にタイムスリップしたような時を楽しみました。行きも帰りも道路がとてもすいていて、予定よりも早く学校に帰着しましたが、バスの中では、レク係を中心にバスレクで大いに盛り上がったようです。
    


11月6日(水)② 夢の教室 ~「夢先生」をお迎えして~

 「夢の教室」は、オリンピックや世界大会、全国レベルで活躍しているスポーツ選手を学校にお迎えして、子どもたちに夢について語っていただくプロジェクトです。昨日は、バスケットボール日本代表として活躍された中川聴乃先生、今日は、ダブルダッチ世界大会覇者の佐々木唯先生に、本校にお越しいただき、5年生の各クラスで2時間にわたり「夢の教室」を開いていただきました。仲間と力を合わせること、夢に向かって努力すること、あきらめないことの大切さを、ご自身の失敗体験もまじえながら熱く語っていただき、子どもたちは目を輝かせていました。その道の一流の方から、直接に話をうかがえるチャンスは、簡単に訪れるものではありません。このような機会を得た子どもたちは、きっとそれぞれの未来の扉を開く糧を得たことと思います。夢先生の中川先生、佐々木先生、本当にありがとうございました。
  


11月5日(火)MIM(Multilayer Instruction Model)公開授業

 本校では、多層指導モデルという意味の、通称「MIM」を学習指導に取り入れています。この指導法は、小学校における学習のつまずきの一因が「文字の読み」にあることに着目し、開発されたものです。読みのつまずきは国語の学習に留まらず、他の教科や、さらには日常生活にまで支障をきたす惧れがあります。学びのスタート段階である1年生と2年生を中心に、本校ではこの指導を行っています。今日は、市内外の校長先生を含む30名ほどの先生方に、1年1組の託見先生の授業や元村先生と櫻木先生の授業を参観いただきました。市内外の学校が、本校の先進的な取組みに関心を寄せています。
   
 


11月2日(土)東部地区球技大会

 第51回東部地区球技大会(グランドゴルフ)が、五中を会場に開かれました。今回は、子どもが対象で、小学生の部と中学生の部に分かれて行われました。先週私たちが参加した大人向けの大会と比べると、各ホールのコースは短めでしたが、やってみると難しいグランドゴルフに、子どもたちは苦戦しているようでした。


11月1日(金)②市内小中合同音楽会

 3日間にわたり森のホール21の大ホールで行われる、第71回松戸市小中学校合同音楽会に、本校音楽部が参加しました。3日目の今日は、小学校15校、中学校7校の合唱部や吹奏楽部が日頃の練習の成果を発表し、互いに聴きあいました。東松戸小音楽部の出番は午後の3番目で、東松戸小がステージに登壇すると、ホールの空気感が微妙に変化しました。52人のにこやかな表情と堂々とした佇まい、そして東松戸小音楽部の演奏への期待感のようなものを私は感じました。「小さくても大きい」と「お日さま」の2曲を発表し、ホール全体を天使の歌声で魅了しました。いつ聴いても心に届く素晴らしい歌声です。講師の大学の先生からも、「歌唱力に加え、人々へ喜びを与える力がある歌声」と称賛されました。ホール内は撮影禁止のため、写真を掲載することができないことが残念です。


11月1日(金)他校種・異校種研修

 初任・2年目の先生方4人(南部小・稔台小・第四中・牧野原小)が、他校種・異校種研修として東松戸小に勉強にいらっしゃいました。6年生の授業を中心に、色々な教室で本校の先生方の指導のようすを熱心に参観し、メモを片手に学んでいました。一日の研修を終えた4人に、一日の感想をお聞きしました。

  • 6年生というと、よそよそしくなり、男女が協力して活動することが難しく感じていましたが、東松戸小の6年生は、あいさつも素晴らしいし、どの教室もほのぼのしていて、さらに男女が自然な感じで協力していて、驚きました。
  • どの学年のどの授業でも、子どもたちがよく考え積極的に発表するので、すごいと思いました。
  • 学校のきれいさはもちろんですが、あらゆる意味で自分の学校とのギャップに驚きました。
  • 子どもたちの発言量と発表の中身に驚きました。
    東松戸小の子どもたちの頑張りに、おほめの言葉をいただきました。これを励みに11月も、たくさんのことを学んでいきましょう。