校長室の窓(9月)

9月30日(月) まちっこプロジェクト 「いのちの尊さ~小中学生の君に考えてほしいこと~」

 松戸市医師会より、笹田和裕医師に東松戸小にお越しいただき、「いのちの尊さ ~小中学生の君に考えてほしいこと~」というテーマで、医師会の取組み“まちっこプロジェクト”の出前授業を、5年生を対象に行っていただきました。本日ご講義いただいた内容は、①がんについて、②在宅医療の現状、③子どもたちに学んでほしいこと、の3点について、難しい内容も含まれていますが、小学生にもわかりやすいようにと、優しくていねいにお話いただきました。先生から質問の機会をいただくと、時間オーバーも省みず、鋭い質問が次から次へと出されました。笹田先生からは、「活発な議論ができる将来有望な小学生ですね。」とおほめの言葉をいただきました。5年生には、「今日授業で習ったことを、家族や周りの大人に教えてあげること」などいくつかの宿題が出されました。お家でお子さんの話をお聴きになり、「健康」について考えるきっかけとしてくだされば幸いです。
    

 

9月28日(土)東松戸まつり ~音楽部の発表~

 28日、東松戸中央公園で、「第12回東松戸まつり」が開催されました。開校以来、東松戸小音楽部は、お招きいただき、合唱を発表しています。今年は、「東松戸小応援歌」「太陽のサンバ」「私はこねこ」「新しい世界へ」の4曲を披露しました。6年生のナレーターが「今日の発表は、日頃からお世話になっている地域の方やお父さんお母さんに向けて感謝の気持ちを込めて歌います。」と冒頭でお話したとおり、気持ちのこもった温かい発表でした。工夫された振り付けも、すべて6年生が中心になって考えたそうです。歌声の素晴らしさはもちろんですが、全員で息の合った振り付けで、会場にいた方々を魅了していました。会場に足を運び、音楽部を応援してくださった皆さま、ありがとうございました。
     

 

 

9月28日(土)② 合同学芸発表会 ~たんぽぽ学級~

 28日午後、第50回松戸市特別支援学級合同学芸発表会が、市民会館で開催されました。東松戸小たんぽぽ学級の今年の出し物は、劇「そらとぶパン」でした。怪獣役や子ども役など、それぞれの役の台詞を完璧に覚え、いきいきと笑顔で楽しそうに演技するたんぽぽ学級の子ども達に、大ホールからは大きな拍手が湧き起こりました。子ども達の成長ぶりとともに、高学年の子どもが低学年をしっかりとリードし、ステージ上に時おり忍者のように登場する宮田先生と坂元先生、坂本先生とたんぽぽ学級の子ども達との強い絆を感じ、感激しました。たんぽぽ学級のみなさん、ありがとうございました。
     

 
9月27日(金) たんぽぽ学級 合同学芸発表会前日

 いよいよ明日28日(土)は、合同学芸発表会です。合同学芸発表会は、松戸市民会館大ホールを会場に開催されます。明日の本番を控え、たんぽぽ学級の練習にも熱が入っています。今年は、劇「そらとぶパン」を上演します。最終調整練習を見ていると、台詞まわしも堂々としていて、これまで練習を頑張ってきた成果がとても出ていると感じました。8人の力が合わさり、どのような劇を披露してくれるのか、とても楽しみです。東松戸小たんぽぽ学級は、第二部に登場し、ホールの開場は午後14時です。ちなみに、たんぽぽ学級の発表予定時間は、14:44~14:50の予定です。たんぽぽ学級に、ご声援をよろしくお願いします。
   

 


9月26日(木)授業研究

 今日は、とてもさわやかで過ごしやすく、いよいよ秋本番といった気候になってきました。秋は、何をするにも良い季節です。今日の3時間目、5年3組の教室にはたくさんの先生が集まり、倉本先生の算数の授業を参観していました。東松戸小の先生方は、日頃から互いの授業を見合い、意見交換し、より良い授業づくりに努めています。先生たちも勉強の秋です。
 

 

9月26日(木)② 東松戸まつりに向けて

 音楽部が、28日(土)の東松戸まつりでの演奏に向けて練習に励んでいます。会場は東松戸中央公園と屋外なので、いつもと違い校庭などの外で練習しています。今朝は、天使の歌声が正門の外にも聴こえ、音楽部の歌声を聴いた地域の方が、「本当に素晴らしい歌声ですね。朝から気分がいいです。」と声をかけてくださいました。本番がとても楽しみです。東松戸小音楽部の発表は、9:45~10:00の予定です。会場で声援をよろしくお願いします。
  


9月25日(水)② 9月の全校朝会

 6年生の国会議事堂見学を皮切りに、各学年の校外学習が始まっています。先日は、2年生が市川ありのみコースに校外学習に出かけました。その他の学年の校外学習も、10月以降予定されています。このことに因み、今月の全校朝会の話は、校外学習に関係する内容にしました。お題は、「百聞は一見に如かず。その続き。」です。ことわざが出てきますが、低学年の子ども達からも、「そうなの~?」とか、「はい!」など適度な反応があり、集中してお話を聞いてくれていることが伝わってきました。今日のお話をギュッと要約すると、「思い描いた結果を出すためには、よく聞いて、事実を自分の目で見て、自分の頭で考え、試してみなければ、より良い結果にはつながらない」という内容になります。校長先生が朝会でどのような話をしたか、ご家庭でも話題にしていただけるとうれしいです。『よく聞いて』くれたかな?
   


9月25日(水)運動部(サッカー・ミニバスケットボール)壮行会

 10月2日の球技ブロック大会に臨む、運動部(サッカー・ミニバスケットボール)の壮行会が行われ、応援団が中心となり、全校応援を行いました。ブロック大会では、1学期・猛暑の夏休みから今に至るまで、こつこつと積み重ねてきた練習の成果を、存分に発揮してほしいと思います。今日の壮行会で見せてくれた、選手によるデモンストレーションは、とてもかっこよかったです。がんばれ!東松戸小学校!
      

 

9月24日(火)2年生校外学習 市川ありのみコース

 2年生は、20日(金)に、校外学習で市川市フィールドアスレチックありのみコースに行きました。お天気に恵まれ、さわやかに晴れた秋空の下、アスレチックコースを、のびのび元気に駆けめぐりました。じゃぶじゃぶ池では、大きな水しぶきや歓声をあげ、びしょびしょになりながら思いっきり楽しみました。行きも帰りも全員が集合時間を意識して行動し、帰りの電車は、予定の一本前の電車に乗ることができました。
    


9月21日(土)ブルーミングガーデンまつり

 土曜日に、関台公園を会場に開かれた、学校お隣のブルーミングガーデン松戸南自治会のおまつりに参加しました。プロマジシャンによるマジックショーや和太鼓など、催し物が盛りだくさんで、会場に来ていた子ども達は、真剣な眼差しでそれらの催し物に見入っていました。子ども達のためにご尽力くださったみなさま、本当にありがとうございました。
   


9月20日(金)② 運動部練習試合 vs東部小

 サッカー部とミニバスケットボール部が、練習試合を東部小で行いました。初めての練習試合で子ども達は、少々ほろ苦い味を味わったようです。この練習試合で見つかった課題を、本番のブロック大会に向けたこれからの練習に活かしていければ良いのです。ガンバレ!東松戸小!
    


9月20日(金)体力テスト

 昨日は低学年、今日は高学年が、数々の種目の体力テストに挑戦しています。低学年の部の体力テストでは、6年生が補助に入り、低学年を一生懸命にリードしてくれていました。特に初めての体力テストである1年生を、手取り足取り面倒みる姿が、とても微笑ましかったです。社会の変化を背景に、子ども達の体力は二極化傾向にあると指摘されています。「生きる力」の基盤は健やかな体です。体力テストは、自分の体力の傾向を知る手がかりにするものです。この機会を、積極的に体を動かすきっかけにしてほしいと思っています。
     


9月19日(木)松戸警察署協議会

 昨日は、協議会委員として、今年度2回目の松戸警察署協議会に参加してきました。協議会は、松戸警察署長さんや副署長さんをはじめ、各課の課長さんが勢揃いした中で、松戸市民の安全・安心についての話し合いが行われます。今日は、「子どもの犯罪被害防止」「道路交通環境の改善対策」と、小学校に大きく関わる内容を議題とし協議しました。私からも、学校の現状についてお話しさせていただきました。警察の方の説明では、子どもの犯罪被害は、被害場所の70%は路上、13%が公園、5%が店内だそうです。年齢別では、小学生がほぼ9割を占めます。月別の被害発生状況としては、5月が突出して多く、次に6月、7月と続き、次に多いのが10月11月です。時間帯は、15時~17時や、朝7時台に多く発生しています。保護者や地域のみなさま、これからも子ども達の安全を、見守りいただけるようお願いいたします。

 「子どもを守るための3つの合言葉」
 ☆いかのおすし(危ない状況になったときの行動)…ついていかない・車にらない・お声を出す・ぐ逃げる・らせる
 ☆はちみつじまん(子どもに悪いことをしようと思っている人の特徴)…なしかけてくる・かづいてくる・つめてくる・いてくる・っとっている・こんな人にあったら「?」
 ☆ひまわり(危ない場所のポイント)…とりだけになるところ・わりから見えにくところ・かれ道やき道裏道の多いところ・ようされていない建物や公園
 




9月18日(水)市立松戸高校のみなさん、ありがとうございました!

 昨日は、球技ブロック大会を控えた、東松戸小の運動部(サッカー部・ミニバスケットボール部)のために、市立松戸高校のサッカー部とバスケットボール部のみなさんが、練習会を開いてくださり、たくさんのアドバイスをくださいました。大きな高校生は、サッカーやバスケの技術のすごさはもちろん、優しくたのもしく、お兄さんお姉さんを見る小学生は、憧れの眼差しでした。お隣の高校ということで、市松生には、いろいろな行事で東松戸小のお助けをしていただいています。本当にたのもしい存在です。これからもどうぞよろしくお願いします。運動部のみなさん、今日教えていただいたことを活かし、ブロック大会に向けて頑張りましょう。
    
   
 


9月17日(火)3年生梨園見学

 3年生は、社会科で梨づくりについて学習しています。ふるさと松戸の名産の梨が、どのように生長して美味しい梨になるのかや、梨を栽培している方々は、日頃どのような作業をしているのかなど、今日は実際に梨園におじゃまして、学んできました。板橋園のみなさま、今日は子ども達のためにお時間をいただき、ご説明ありがとうございました。ちなみに、今日の給食には梨が出ましたが、旬の梨はみずみずしく甘く、とても美味しかったです。
  

 


9月15日(日)松戸市理科作品展

 松戸市文化ホールで開催されていた「第39回松戸市小中学校理科作品展」に行ってきました。市内小中学生が、夏休みに取り組んだ自由研究の力作が、ホール内にところ狭しと展示され、しばし見入ってしまいました。東松戸小からも32点の優秀作品を出品し、2つの科学論文が入賞しました。ふだん当たり前に思い、深く考えずに見過ごしてしまうような事に疑問をもち、深く掘り下げて粘り強く実験や観察を続けた作品を見て、夏休みが子どもの好奇心を育てる上で、貴重な時間であると感じました。
 【本校児童 金賞受賞作品】※千葉県児童生徒・教職員科学作品展に出展されます。
 ○6年生科学論文『小麦粉の不思議「グルテンの力」』 
   
 【本校児童 佳作受賞作品】
 ○
5年生科学論文「スライムの研究」
 



9月13日(金)② 6年生の校外学習 ~国会議事堂・科学技術館~

 6年生が都内見学(国会議事堂と科学技術館)に行きました。今回は、松飛台駅から電車で都内に向いました。通勤ラッシュのピーク時間帯は避けられたものの、電車内や2度の乗り換え駅は、これから仕事や学校に向かう人で混雑していました。そのような中で、車内では私語を慎み、移動時は列を整え、人々の往来の妨げにならないような臨機応変の対応を心がけるなど、6年生の態度はとても立派でした。今日は、国会議事堂も科学技術館も、東松戸小学校貸切状態で、じっくりと説明を聞いたり、見学をすることができました。どの見学場所でも、興味関心を高くもち、きらきらした目で学ぶ姿が、とても素晴らしいと感じました。しかし、ほとんど休む間もなく、一日中本当によく歩きました。私の万歩計は2万歩を軽く超えていました・・・。
     


9月13日(金)教育実習生の関川先生

 今週は、栄養士を目指し大学で勉強中である関川朋実さんが、東松戸小で教育実習を行っています。短い期間ですが、学校給食はもちろんのこと、料理クラブに参加したり、いろいろなクラスで配膳を手伝ったり、関川先生があちらこちらに出没?していることは、みなさんご存知のことと思います。昨日、5年1組で、栄養素の働きというテーマで、授業を行いました。授業では、1組の鋭い質問に、専門的な話を交えつつ、一つ一つ笑顔でやさしく答える姿が印象的でした。


9月12日(木)クラブ活動

 クラブ活動は、異年齢での活動を通して望ましい人間関係を形成し、個性の伸長を図り、集団の一員として協力し、自主的・実践的な態度を育成することを目標とする活動です。今年度は、運動系文化系計15のクラブを開設し、それぞれ特色ある活動を展開しています。クラブがある日の朝は、普段とは違う特別な道具を抱えて、「今日は、クラブがあるので、家からラケットを持ってきました!」と楽しげな報告をしてくれる人もいます。昨日は4回目の活動が行われました。
 

 

 


9月11日(水)読み聞かせ

 朝のモジュールの時間に、読み聞かせボランティアのみなさんが、各教室で子ども達に読み聞かせをしてくださいました。子ども達は、ボランティアの方の語りに集中し、本の世界に入り込んでいました。ボランティアのみなさま、朝早くから、中にはお仕事前のお忙しい時間にも関わらず、子ども達に素敵な時間をプレゼントしてくださりありがとうございました。
       


9月10日(火)夏休み作品展

 各教室の廊下やオープンスペースに、夏休みの自由研究などの作品が展示されています。絵画、工作、手芸などの作品や理科実験、観察、工場見学のレポートなど、興味深い力作が並んでいます。本日10日(火)から13日(金)まで、時間を設定して公開しています。お時間がありましたら、ぜひご覧いただきたいと思います。
 【展示公開時間】10日(火)~13日(金) 15:45~16:30
 


9月9日(月)台風一過

 台風15号が関東地方を直撃し、今日の未明は、家が吹き飛ばされるのではと心配するくらい吹き荒れる暴風雨の轟音で、睡眠不足ぎみです。台風が過ぎ去った後、あちらこちらに葉っぱや枝が散乱し、学校に来るのに難儀しました。昨晩、今日の登校時間は10時とメール配信しましたが、10時頃には風もやみ、元気よく登校してくる子どもたちの姿を見て、ほっと一安心しました。全員の登校を確認し、学校は平常授業をスタートしました。教室の様子を見に行くと、どのクラスも落ち着いた様子で授業が行われていました。廊下には、明日から始まる夏休み作品展の準備が進められています。
   


9月8日(日)TBSこども音楽コンクール 優秀賞受賞おめでとうございます!

 音楽部が、習志野文化ホールで開かれた、TBSこども音楽コンクール千葉大会に出場しました。東松戸小の52名は、小学校合唱の部の最終9番目に登場しました。大きなホールでの演奏は、8月8日のNコン以来ですが、1ヶ月前よりさらに進化した素晴らしい合唱「お日さま」を大ホールいっぱいに響かせました。音楽部のみなさん、優秀賞受賞おめでとうございます。ホールは写真撮影禁止のため、写真が掲載できないのは残念ですが、後日TBSラジオで放送があるようです。詳細がわかりしだいHPでお知らせしたいと思います。
 
 

9月7日(土)除草作業 環境ボランティアのみなさま、ありがとうございました。

  たくさんの保護者ボランティアの皆さまにご協力いただき、夏の間に伸びてしまった草の除草作業を行いました。残暑が厳しい中でしたが、皆さまのお力を得て、予定の半分の時間で作業を終えることができました。校庭は、見違えるようにすっきりしました。ご協力ありがとうございました。
     


9月7日(土)②明日は、TBSこども音楽コンクールです。

 明日8日(日)、習志野文化ホールで行われるTBSこども音楽コンクールに、音楽部が参加します。曲目は「お日さま」で、東松戸小学校は、小学校合唱の部の9番目の演奏になります。音楽部は、今日も朝から調整練習を繰り返していました。明日の本番では、これまで重ねてきた練習の成果を出し切り、天使の歌声を、習志野文化ホールに響かせてほしいと思います。私も、応援に行こうと思います。
   


9月6日(金)2学期からお世話になります!マイケル先生

 2学期から、英語の授業でお世話になるLAT(Language Assistant Teacher)の先生を紹介します。Michael Russi先生です。出身は、アメリカだそうです。昨日から来ていただいて、今日でまだ2日目ですが、とても気さくで明るい方で、マイケル先生が廊下を歩くと、子どもの人だかりができています。マイケル先生、よろしくお願いします。
  


9月5日(木)5年宿泊体験教室3日目

 お世話になった自然の家の部屋や施設内をくまなく掃除し、退所式を終え、9時10分に自然の家を出発しました。まず佐原に向い、クラスごとに、ガイドさんと一緒に「山車会館」「伊能忠敬生家・伊能忠敬記念館」「町並み交流館」を巡りました。初日の見学から感じていたのですが、5年生はとても勉強熱心で、どの見学場所でも、しおりやノートにメモをびっしり書き込んでいる姿が見られました。1学期に事前学習したことを確かめたい、疑問点を明らかにしたい、と意欲的に学習に臨めることは、本当に素晴らしいことだと思います。(始業式に私が話した『たい』を心にちゃんと泳がせてくれています!)ガイドさんも「東松戸小の子ども達は、とても良く聞いてくれるので、もっともっと説明してあげたかった。」とおっしゃってくださいました。午後は、航空科学博物館で、グループで館内を見学しました。一つ一つの展示に立ち止まり、興味深げに説明を読み、どのグループも熱心にメモをとっていました。展望台からは、成田空港に轟音とともに離発着する飛行機が見え、「あの飛行機はどの国に行くのかな。」と世界に思いをはせている人もいました。
 この3日間は、実行委員を始め、リーダーが仲間を引っ張り、それに全員が応え、それぞれに良く頑張ったと思います。私は3日間を5年生と共に過ごし、思いやりある温かい子ども達だと感じました。134人全員で松戸を出発し、大きなけがや病気なく過ごし帰ってこれたことは簡単なことではありません。子ども達は、家を離れ、自己管理し、それぞれの役割を果たし、さらに仲間と折り合いをつけながら、スケジュールに沿って、できるだけ穏やかに、前向きに、本当に良く頑張りました。貴重な3日間の体験をこれからの生活に活かしていってほしいと願っています。


9月4日(水)5年宿泊体験教室2日目

 朝6時45分、朝露に濡れた芝生のわんぱくフィールドに全員集合し、朝の集いとラジオ体操で1日をスタートしました。午前中は、銚子漁港に向い、まず卸売市場でマグロを見学しました。5年生の先生方が下見でここを訪れた際は、まぐろは1匹もいなかったようですが、今日は割合にたくさんのまぐろを見ることができましたので、幸運でした。マグロを見た後は、場所を移し、いろいろな種類の魚が並ぶ市場に行きました。そこには、ひらめ、あわび、伊勢海老、金目鯛、たこなどなど・・・、が並んでいました。みんなからは、「おいしそう・・・」という声が。私も同感です。また、金目鯛は、回転寿司のような機械に乗せられ、重さや大きさにより振り分けられていました。それを見た人が、「校長先生、梨園で見た機械ととても似ています。」と言っていました。前年度までの学習をしっかりと覚えていて素晴らしいですね。その後、屏風ヶ浦の地層見学を経て、はまなす公園でお弁当を食べ、午後は、栽培漁業センターに行きました。栽培漁業センターでは、あわびやひらめが、ここで“栽培”され、放流に備えていることを学習しました。また、ヒラメへのえさやり体験も行いました。水底でじーっとしているヒラメが、エサを見つけると物凄い勢いで水面に口を出し、がつがつと餌を食べるようすにみんなで驚きました。ところで、どうして”養殖”センターではなく魚なのに”栽培”センターというのかは、ちゃんと意味があります。その意味は、子ども達に聞いてみてください。夜は、体育館で学年レクを行いました。レク係さんの素晴らしいリードとユニークな盛り上げで、体育館は汗と熱気にあふれました。風船や新聞を使ったクラス対抗リレーや猛獣狩りは、興奮のるつぼでした。最後の部屋対抗じゃんけん列車は、室長を先頭に、熱い戦いが繰り広げられ、決勝戦は男女の決戦となりました。14部屋の頂点に立ったのは、321号室(女子)でした。


9月3日(火)5年宿泊体験教室1日目

 *当HPの「学校行事」に、現地からの速報記事を掲載しています*
 私も5年生と一緒に、県立水郷小見川少年自然の家に2泊3日の宿泊体験教室に行ってきました。朝6時40分の集合時間に欠席者0で134人全員が集合し、元気に学校を出発しました。途中トイレ休憩を入れ、2時間半ほどで現地に到着しました。1日目は、3つのグループに分かれ、自然の家の指導員さんにご指導をいただきながら、カヌー、火起こし、切り絵の体験活動をそれぞれ約1時間半ずつ行いました。私は、それぞれの場所でのみなさんの様子を見てまわりました。カヌーは、見た目よりとても難しく、初めのうちは、同じところをひたすらぐるぐる回ってしまったり、ミニハーバーの塀に衝突してしまったり、大変なことになっていましたが、子どもの適応力恐るべしです。少し時間がたつと、ペアが呼吸を合わせパドルを操り、スイスイとハーバーでカヌーを進めていました。火起こしは、これまた見た目よりもかなり難しく、本番で火起こしができたグループは、数えるほどでした。「昔の人は大変だな~」と昔のくらしに思いを及ばせた人もいました。切り絵は、1時間半集中し(誰もしゃべらないので、話しかけづらいほど)ひたすら作品に向き合っていました。
 夜は、キャンプファイヤー。天気が心配されましたが、5年生の祈りが届き、予定どおり行うことができました。真っ暗闇の中での歌やダンスからスタートし、いよいよ火の神(女神?)登場。火の神からは、「勇気の火」「友情の火」「協力の火」「努力の火」「希望の火」が分け与えれました。


9月2日(月)2学期スタート

 2学期が始まりました。子ども達は、夏休みの課題や作品を抱えながら登校してきました。正門前に立っていると、誇らしげに作品を見せてくれる子もいました。みんな少し背丈が伸び、日焼けしてたくましくなったように感じます。元気な子ども達に会えて、うれしい気持ちでいっぱいです。始業式では、次のようなお話しをしました。
*********************************************************
 夏休みに入る前、夏休みにしかできない「サマーチャレンジ」をしてください、というお話しをしましたが、覚えていますか。夏休み中は、学校でも、サマーチャレンジに取り組むたくさんの人とお会いしました。水泳教室や理科教室などでは、みなさんは、目をきらきらさせながら、課題に取り組んでいました。ところで、自分から進んで何かに取り組むことを「主体的」といいます。低学年には少し難しいかもしれませんね。来年度から、日本中の小学生の学習内容のもととなる学習指導要領が10年ぶりに新しくなります。そこでもこの「主体的」な学びが大切と謳われています。みなさんのサマーチャレンジは、まさにこの「主体的」な学びでした。2学期スタートにあたり、校長先生から東松戸小のみなさんにお願いしたいことがあります。それは「たい」が泳いでいる心を大切にしてほしいということです。この「たい」とは、魚の鯛ではありませんよ。「見たい」「知りたい」「聞きたい」「やってみたい」・・・、という心の動きです。実は、この「たい」が泳ぐ心を「主体的」というのです。この「たい」には、大きな「たい」もいれば、めだかのように小さな「たい」もいます。2学期は、大小関わらず、心にたくさんの「たい」を泳がせてほしいと思います。5年生は、明日から宿泊体験教室です。友だちと過ごす3日間で、心にたくさんの「たい」を泳がせてきてください。
***********************************************************
  

9月2日(月)② 開校以来初!校内テレビ放送 

 生徒指導部の先生方による「今月の生活目標」と「登下校の歩き方」の説明を、なんと、開校以来初試みである“校内テレビ放送”で行いました。9月の生活目標は、”すすんであいさつをしよう。”と”廊下・階段は静かに右側を歩こう。”です。2学期スタートの9月は、統計上登下校中の事故やけがが増える傾向があります。今日のお話をしっかりと頭にいれて、マナーを守り、安全な学校生活を心がけましょう。