校長室の窓(6月)

6月28日(金)4年生理科 ペットボトルロケット

 理科の「とじこめた空気や水」という学習で、4年生が、「ペットボトルロケット」の実験を行いました。空気は、身の回りのどこにでもあるはずなのに、その姿をみることはできません。この日の実験は、空気がどのようなものかを確かめることが目的です。実験で、ペットボトルロケットが、校庭の端から端まで飛んでいくことを目の当たりにした4年生は、ポンプで押しこめられた「空気」が大きな力を発揮することを実感したようでした。ペットボトルロケットが飛んでいく姿はすごい迫力で、みんな大興奮でした。
    速すぎて写っていない…。


6月27日(木)2年生が八柱霊園に七夕飾りをしました。

 2年生が、思い思いの願いを書いた短冊や七夕飾りを作り、八柱霊園の正門付近に立てられた大きな笹に飾りつけをしてきました。「かけっこがはやくなりますように!」「パティシエになれますように!」「100点をいっぱいとれますように!」などのお願いに混ざり…、「英会話が上達しますように!!」「家族全員が健康で幸せに暮らせますように!!」というお願いも…。内容がやや2年生を超越しているような気がしましたので、子ども達に聞いてみたところ、「校長先生、それ○○ちゃんのパパが書いてました。」ということでした。謎が解けました。ちなみに事務室の福井先生やスタッフの佐野先生や栄養教諭の菅井先生が、手作りの豪華な飾りをつけ加えてくださり、立派な七夕飾りが完成しました。ぜひ、八柱霊園正門に見に行ってください。
    


6月26日(水)ふれあい給食・遊び

 今日は、6年生と1年生、5年生と3年生、4年生と2年生が同じ教室で給食を食べ、お昼休みには、一緒に校庭や室内で遊ぶ、「ふれあい給食・ふれあい遊び」を行いました。各教室をのぞくと、上級生のお兄さんお姉さんが、下級生をやさしく・たのもしくリードし、笑顔いっぱいの会食や遊びが行われてました。実は、今日はバター・卵・魚介・ナッツなどを含まないメニューになっているのです。給食には細かな栄養基準があることから、いつもできることではありません。しかし、今日のふれあい給食には、「全員で食べられるように」という栄養教諭の菅井先生の親心がこめられています。
     

6月25日(火)Multilayer Instruction Model の取り組み

 本校では、今日のタイトルの頭文字である、通称「MIM」を学習指導に取り入れています。「MIM」は多層指導モデルという意味です。この指導法は、小学校における学習のつまずきの一因が「文字の読み」にあることに着目し、開発されたものです。読みのつまずきは国語の学習に留まらず、他の教科や、さらには日常生活にまで支障をきたす惧れがあります。学びのスタート段階である1年生と2年生を中心に、この指導を行っています。

   

6月22日(土)土曜授業参観

 今日は土曜参観日でした。授業参観は、お子さんの授業の様子を見ていただくとともに、学校を知っていただく機会ととらえています。お気づきになったことがありましたら、お知らせいただければと思います。たくさんの保護者にご参観いただき、ありがとうございました。子ども達は少し緊張しながらも、うれしそうでした。
          

 
6月21日(金)児童集会「元気よいあいさつをしましょう」

 先日の朝の児童集会では、児童会のみなさんが、「あいさつの大切さ」というテーマで、ユーモアあふれる寸劇を披露してくださり、「あいさつの大切さ」を全校児童に説いてくれました。劇中にはクイズもありました。2つ紹介します。<Question1>「どうして挨拶をするのでしょうか?」Answer「今日もよろしくね、という気持ちを相手に伝えるためです。」<Question2>「挨拶をすると何かいいことがありますか?」Answer「おはよう!と挨拶をすると、気持ちのよい1日が送れます」。なるほど納得です。寸劇の最後の児童会5レンジャーによる「あいさつキャノン砲」は効果抜群です。翌日の登校時に正門で会ったみなさんの挨拶は、令和元年度1番の元気で爽やかな挨拶でした。元気な挨拶をいただいた校長先生は、1日中元気満点でした。東松戸小のみなさん、これからも爽やかなあいさつをお願いします。
    

 私からも次のようなお話をしました。***************************
 昨晩、山形県や新潟県で、どても大きな地震がありました。被災された方たちは、昨日から眠れない夜を過ごされていると思います。被災された方たちが、一日も早くふだんの生活に戻れることを願うばかりです。ここ数年、日本のあちらこちらの地域で、このように大きな地震が発生しています。私たちが暮らす関東では今のところ、ここまで大きな災害が起こっていませんが、いつ起こるやもしれません。今日、集会の後教室に帰ったら、もし地震が起こったらどのように行動すればよいか、受け持ちの先生と再度確認してください。
 さて、今日のお話を始めます。みなさんは、東松戸小学校が大好きですか。みんなが、元気よく「はい」と返事をしてくれて、校長先生はうれしいです。ところで、「す きな学校」に「て」を入れると、「すてきな学校」になります。辞典で「手を入れる」の意味を調べると、「良い状態にするために、補ったり、直したりすること。手を加えること。」と書いてありました。校長先生は、みなさんが大好きな東松戸小学校を、さらに「すてきな学校」にしてほしいと思います。4年生・5年生・6年生は、東松戸小が誕生した日から、この学校と一緒に成長してきた人たちです。みなさんは、この小学校の歴史の1ページ目を創っている人たちです。だから、「すてきな学校」にするための想いは、特に強くあると思っています。
 ところで、「すてきな学校」と感じるのは、どのような時でしょうか。思い浮かべてください。桜の花が満開できれいだなぁと感じるように、正門をくぐると四季折々の花々が咲いている。先生方やみなさんを見守ってくださっている地域の方々に、さわやかで元気のよい「おはようございます」の挨拶があちらこちらから聞こえてくる。昇降口の靴が気持ちよく整っている。廊下には一生懸命につくった作品がきれいに貼られている。教室のかばんや荷物がきちんと揃っている。教室では、お友達同士が、「おはよう」と気持ちよい挨拶が交わされている。このような学校やクラスだと、人の気持ちは落ち着き、穏やかになります。このような風景を創りだすのは、もう気づいていると思いますが、みなさん自身です。つまり、みなさんがこのようなことをすることが「すきな学校」に「て」を加えることなのです。
 さらに、もしクラスに困った顔をしているお友達がいたら、進んで「どうしたの?」「一緒に考えるよ」などと声をかけてください。相手のことを考え、寄り添い一緒に成長を喜べる友だちがいるクラスや学校は、「すてきな学校」です。
 あなたは、「すてきなクラスや学校」にするために、どのようなことをしていきますか。考えてみてください。*******************
 


6月20日(木)5年生の育てているメダカに新しい仲間が!

 理科の学習で、5年生はメダカを育てています。学年廊下の水槽や5年生それぞれがペットボトルで作ったミニ水槽のメダカは、お世話のかいあってだいぶ大きくなってきました。そのメダカたちに、新たな仲間が加わりました。実は、昨日、和名ケ谷クリーンセンターの職員の方のご厚意で、和名ケ谷クリーンセンター生まれのメダカを譲っていただきました。いただいたメダカは、生まれたてほやほやの小さなメダカです。大切に育ててくださいね。
   

 速報  音楽部 第67回TBS子ども音楽コンクール1次審査通過!9月8日(日)本選出場決定!
 1次審査であるテープ審査を見事に通過しました。テープ審査は「校歌」で挑んだそうです。「校歌」で1次審査にチャレンジする学校は、珍しいそうです。「それだけ東松戸小自慢の校歌は素晴らしい曲なのです。」と顧問の清水先生が言っていました。私もそう思います。さらに、その素晴らしさを豊かに表現した音楽部も素晴らしいと思います。音楽部のみなさん、本選もがんばってください!


6月19日(水)2年生校外学習 大町自然公園

 2年生が、松飛台駅から一駅電車に乗り、大町駅もよりの大町自然公園に、生活単元『どんないきものがいるかな』の校外学習に出かけました。大町自然公園は、名前のとおり、豊かな自然の中にあります。2年生は、これまで教室で勉強してきた水辺の生き物を、実際に自分の目で確かめ、しっかりと観察していました。水辺にいた、ザリガニ、カエル、おたまじゃくしなどを見つけては、歓声をあげていました。子ども時代には、たくさんの自然と触れ合い、いろいろな経験をしてほしいと思います。
     


6月18日(火)移動交番授業

 4年生は社会科で、地域の生活環境や安全を守るための活動について学習しています。今日は、松戸警察署地域課から移動交番車に乗った3名の警察官をお招きし、警察官の仕事について詳しくお話いただきました。警察官の仕事は様々な部署(8部署)に分かれていて、それぞれの持ち場から、私たちの安全を守ってくださっているそうです。千葉県には、およそ10000人の警察官(内 女性警察官は1000人)がいるそうです。そのうち、東松戸を管轄する松戸警察署では、380人の警察官が働いているそうです。そしてその半数は、12の交番で働いているそうです。質問タイムでは、「待ってました!」とばかりに、たくさんの人が挙手し、積極的な姿勢で学習に臨んでいました。Q「千葉県では、1日にどれくらいの事件がありますか?」に対しては、A「1日に1700~1800件位発生します。」ということでした。たった1日で、そんなにたくさんの事件や事故が起こっているとは…驚きでした。Q「通報から出動まで、どれくらいの時間がかかりますか。」に対しては、A「日頃から常に出動の準備はしているので、指令があったらすぐに出動し、現場到着は5分以内を目指しています」ということでした。
 最後に、警察の方より、小学生に守って欲しい合言葉、『いかのおすし』の説明がありました。犯罪や事故に遭わないために、知らない人にはついて「いか」ない。知らない車には、誘われても絶対に「の」らない。犯罪に巻き込まれそうになったら「お」おきな声をだす。「す」ぐに逃げる、何かあったら大人に「し」らせる。これが合言葉『いかのおすし』です。事件や事故に巻き込まれないように行動することが、何より大切ですが、もしもに備え、この合言葉を忘れないようにしましょう。
  

6月18日(火)自転車交通安全 ~3年生ユーカリ交通公園の体験学習~

 東松戸小学校の学区は、自動車の交通量が急増しており、交通事故の危険性が高くなりつつあります。毎年、3年生は、クラスごとに、小金原にあるユーカリ交通公園に行き、安全な横断歩道の渡り方や自転車の乗り方などの交通ルールを学んでいます。
    


6月17日(月)

 今日は風が強く、大人でも身体ごと風に飛ばされそうになるほどですが、業間休みの校庭は、いつもどおり元気な声がこだましています。子どもはいつだって風の子です。
 
 
5月10日号のクイズ、「2年生・生活科 花や野菜を育てよう」の解答が、見えるようになってきました。あんなに小さかった苗が、2年生がせっせとあげている水とお日さまのおかげで、こんなに育ちました。
    

6月15日(土)千葉県民の日

 6月15日は千葉県民の日です。1873年(明治6年)6月15日、当時の木更津県と印旛県が合併して千葉県が誕生したことに由来しています。今年の県民の日は、あいにくの雨でしたが、県下では、千葉県民の日にちなんだ催しものが開かれていたようです。それらに出かけた人もいるのではないでしょうか。
 東松戸小でも、前日の14日(金)の給食は、県民の日にちなんで、千葉県の特産物をたくさん使ったメニュー(ピーナッツおこわ・ネギみそ巻・のり合え・小松菜大根の味噌汁・冷凍リンゴ)でした。「米」や「牛乳」は、毎日のことですが、14日は特に、千葉県産の「いわし」「ピーナッツ」「のり」「小松菜」「ねぎ」「大根」などが出されました。私は、木・金と出張だったため、おいしい給食が食べられませんでした。後日、栄養教諭の菅井先生から、みなさんが、特製メニューをおいしそうに食べていたと聞きました。少しうらやましい気持ちになりました。

6月14日(金)

 昨日・今日と千葉市内の数か所の会場で開催された、関東甲信越地区の校長先生が集まる研修会に行ってきました。グループディスカッションでは、新潟、長野、山梨、神奈川、東京など、いろいろな地域から参加した校長先生方と意見交換をすることができ、色々な刺激をいただき、とても勉強になりました。校長先生も日々勉強なのです。
 
 たんぽぽ学級は、生活単元の学習で、蓬(よもぎ)の和紙づくりをしました。まず、お隣の関台公園で、一人20本以上の蓬を摘み、教室でていねいに葉っぱと茎に分け、さらに重曹を入りのお湯で柔らかく煮て、型に入れて漉し、仕上げにアイロンで水気を飛ばし、和紙に仕上げました。自然由来の濃い緑が印象的な、世界に一枚しかない素敵な手作り和紙ができあがりました。あの、草にしか見えない葉っぱが、このような素敵なものになるなんて!感心しました。実は後日談があり、かの蓬は、翌日公園清掃の人に、跡形もなく刈り取られてしまったのです。ぎりぎりセーフでした。
   


6月13日(木)プール開き

 昨日、学校を代表して6年生がプール開きを行いました。気温が上がらず、初泳ぎとはいきませんでしたが、これから始まる水泳学習が、事故なく安全に楽しく行えますようにと、みんなでプールにお願いをしました。
 私からは、次のようなお話をしました。

*********************************************************************  「プール開き」とは、水泳の学習を行っている間中、事故に遭わず、安全で楽しい水泳学習ができますようにと、みんなでプールにお願いするための式です。ただし、お願いするだけで満足してはいけません。何より大切なのはみなさんの心構えです。水泳は、身体全体を使う全身運動で、健康な体づくりのために、とても適した運動です。しかし、ちょっとした不注意や悪ふざけから、思わぬ事故につながりやすい運動でもあります。ですから、先生方のお話をしっかりと聞き、注意を絶対に守ってほしいと思います。私からは、3つの「あ」のお話をします。1つめは「安心しない」です。水泳には危険が潜んでいることを忘れないようにしてください。2つめは「あわてない」です。自分の力やペースで泳げばいいのです。慌てることはありません。3つめは「あなどらない」です。難しい言葉ですが、水を小馬鹿にしてはならないという意味です。こんなのへっちゃらだ、なんて思ってはいけないということです。無理なことをすれば、事故につながってしまうかもしれません。水を絶対に軽く見てはいけません。この3つの「あ」を心にとめ、楽しい水泳学習にしてほしいと思います。そして、昨年の自分の記録より、少しでも「長く泳げたよ、速く泳げたよ」というように、自分の目標に向かって頑張ってほしいと思います。****************************************************************
 その後、鈴木先生から「安全について」「自分の命を自分で守るための水泳学習」「卒業までに、25M泳げるようになってほしい」という3つのお話がありました。最後に、児童代表の3人から、目標の発表がありました。「4泳法を泳げるようにする!」「6年生らしい水泳技法を身につける!」「息つぎを完璧にする!」など、それぞれの思いがこめられた発表がありました。
    
 
今日は、昨日とうって変わり、さわやかな青空が広がっています。水温が上がれば、プール学習がいよいよスタートします。


6月12日(水)読み聞かせボランティア、ありがとうございます。

 東松戸小学校では、学校教育目標「かしこく やさしく たくましく」をむねに、子ども達の豊かな心を育てるため、様々な働きかけをしています。”読書活動”もその一つです。ありがたいことに、本校では「読み聞かせ」や「図書室」保護者ボランティアの皆さまに、子どもたちの読書活動をサポートしていただいています。今朝の15分のモジュールタイムでは、読み聞かせボランティアの皆さまに、全校25クラスで絵本等の読み聞かせをしていただきました。各教室をのぞいてみると、教室の空気や真剣な表情から、子どもたちが本の世界に引き込まれているようすが、伝わってきました。ボランティアのみなさま、お忙しい中本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

   


6月11日(火)前田先生のミニ授業(保健指導)

 今週、1・2年生のすべてのクラスで、養護教諭の前田先生が15分の保健指導をして下さっています。表題は「プライベートゾーンについて」です。男の子・女の子には、生まれながらに、将来赤ちゃんを授かるために必要なものが、それぞれ備わっているということや、それらを人前で見せてはいけないこと、などを小学校低学年にも、わかりやすくお話いただきました。プライベートゾーンとは、水着で隠している部分のことを指します。これから学校では、水泳学習が始まります。水着に着替える時には、このお話を思い出し、上手にお着替えできるようにと、指導していただいています。
 

6月10日(月)4年生浄水場見学

 4年生は、社会科で、地域の生活環境や安全を守るための活動について学習しています。7日は、ちば野菊の里浄水場を見学してきました。汚れた川の水が、どのようにきれいで安全な水になるのかを、実際の施設で学んできました。ちなみに、東松戸小のみなさんの住む地域の水は、「ちば野菊の里浄水場」と「栗山浄水場」と「北千葉広域水道企業団」の3か所でつくられた水が、小学校の近隣にある「松戸給水場」に集められ、そこでブレンドされて届けられているのだそうです。『蛇口をひねればきれいな水が出る』ことは、決して当たり前のことではなく、たくさんの人のおかげであるということを改めて感じる浄水場見学でした。
   



6月9日(日)中学校の体育祭②

 先週の河中・牧中に続き、今週は、第五中の体育祭に行ってきました。大きくたくましい中学生が全力でグランドを駆け抜ける様子は、迫力があります。小学校と同じように、種目に「玉入れ」がありましたが、こちらは、1年生が音楽に合わせてダンスを踊りながら行う小学校のほほえましい「玉入れ」とは全く異なる「追いかけ玉入れ」です。かごを背負って追いかけられる2人は、ものすごい勢いで投げられる玉のシャワーから、野球のヘルメットをかぶり全速力で逃げ回っていました。ちょっと気の毒になりましたが、これが中学生なのです。
  

6月7日(金)音楽部ミニミニコンサート

 昨日の放課後、音楽室を会場に、音楽部保護者会&ミニミニコンサートが行われました。音楽部のみなさんによるミニミニコンサートでは、「校歌」、NHK全国音楽コンクールの課題曲「わたしはこねこ」と自由曲「お日さま」の3曲を、保護者に披露しました。私も一緒に聴かせていただきました。音楽部のみなさんが、全身を使って奏でる美しい歌声に、聴き入ってしまいました。音楽部の先生方に、「とても上手ですね」と感想を言ったところ、「まだまだこれからです。練習を重ねると、もっと美しいハーモニーに進化していきます。」という力強いお話をいただきました。どこまで進化するのか、楽しみになりました。
  


6月6日(木)松戸市小中学校体育大会

 暑さが心配されましたが、少し薄曇りの陸上競技には絶好日よりになり、令和元年度第72回松戸市小中学校体育大会(小学校の部)が開催されました。東松戸小の選手たちは、どの種目にも全力を尽くし、互いに大きな声で応援し合い、競技に応援に本当によく頑張りました。男子の部では、1000Mで2位、80Mハードルで2位、走り高跳びで6位、100Mで7位に、女子の部では、100Mで3位、4×100Mリレーで4位に入賞し、男子は総合4位、女子は総合8位、男女総合4位と、見事な成績を収めました。陸上部のみなさん、おめでとうございます!
 45校45色の色とりどりのユニフォームが、競技場で躍動する体育大会は、実に見応えがありました。私は、青地にピンクのラインが横に入った東松戸小のユニフォームを、常に目でおっかけていたのですが、応援に熱が入りすぎて、シャッターチャンスを逃してばかりでした。
 この後の運動部(陸上)の活動は、大会で終了ということではなく、記録会が最終ゴールとなるそうです。最後の最後まで、自己ベストを目指すということは、素晴らしいことだと感心しました。全員がベストの記録が出せると良いですね。

    
    
    
     



☆6月5日(水)松戸市小中学校体育大会小学校の部 速報!☆

 本日、松戸市運動公園において、市内45校の小学校の代表選手による体育大会(陸上競技大会)が行われました。結果速報です!!
 東松戸小学校:男子総合第4位、女子総合第8位、男女総合市内第4位!!』詳細は明日報告します。陸上部のみなさん、おめでとうございます。


6月4日(火)頑張れ陸上部!

 明日5日(水)に行われる、松戸市小学校体育大会に参加する陸上部47名の壮行会が行われました。それぞれの種目ごとの選手紹介後、応援団を中心に、全校で選手を応援しました。私からは、次のようなメッセージで激励しました。
**************************************************
『明日、松戸市運動公園で、市内に45校ある小学校の代表選手が集まって、体育大会が行われます。ここにいる陸上部の選手の皆さんが、東松戸小学校を代表して大会に出場します。選手以外の皆さんは、応援に行くことはできませんが、選手が練習の成果を存分に発揮できるように、心の中で応援してください。陸上部の選手の皆さん、いよいよ練習の成果を発揮する時が近づいてきました。毎日の練習の様子や先ほどの決意などを聞き、力を蓄えてきていることがうかがわれます。大会では、自分のベストを出せることを目標にしてほしいと思います。最後まであきらめず、力の全てを出し切る、そのような気持ちで大会に臨んでください。そして、もう一つ大切なこと、“感謝の心”を忘れないでほしいと思います。これまで毎日指導してくださった先生方、いつも応援し支えてくださっている家族や仲間、大会を準備してくださるたくさんの学校の先生方、そういった多くの人の力があって、みなさんは大会に臨むことができるわけです。「ありがとう」という感謝を胸に、明日を迎えてほしいと思います。皆さんの後ろには、共に練習してきた仲間、応援してくれているたくさんのお友達がいます。みんなの応援を胸に、東松戸小学校の子どもらしく、最後まで頑張りぬく姿が見られることを楽しみにしています。』
                      *******************************************************************
 
今日も早朝から、どの種目も何度も何度も最終調整を繰り返していました。頑張れ!東松戸小の子どもたち!
   


6月3日(月)登下校見守りボランティア打合せ会 

 令和元年度の登下校見守りボランティア打合せ会を、本校会議室にて、約50名の方の参加をいただき開催しました。今年度は、昨年度の約1.4倍となる190名に、見守りボランティアにご登録いただきました。ご協力ありがとうございます。
 私から、通学路の現状やボランティアの皆さまにお願いしたいことなどを説明しました。登下校の見守りにおいては、「我が子 +1(プラスワン)」として、目線を少し広げ、自分の子どもの周りにも目を向けてほしいことや、「自分 +1(プラスワン)」として、ウォーキングやペットのお散歩ついでに、子どもたちの様子を見てほしいこと、何か気がついたら直接子どもたちに声をかけてほしいこと、などをお話しました。
 国の防犯に関するポータルサイトには、登下校時における子どもの安全の課題として、1.子どもの被害は登下校中、特に下校時(15~18時)に集中 2.地域社会の状況変化から「地域の目」が減少し、「見守りの空白地帯」が生じている。という2つが挙げられています。それらへの対策の一つとして、「地域における連携の強化」があります。今後も、子ども達を多くの地域の目で見守っていただきますよう、お願いいたします。

 

6月1日(土)中学校の運動会

 1日(土)に開催された、河原塚中学校と牧野原中学校の体育祭(中学では、運動会ではなく体育祭という名称なのです)に行ってきました。小学校を卒業してから数年しかたっていないはずなのに、背丈も伸び、たくましい中学生の体育祭は迫力があります。東松戸小の卒業生も、競技や応援に全力で頑張っていました。