【登校の様子です】

 

【GIGAスクール構想】

3年生の授業の様子です。ICTの活用については、本校では日常的に活用されています。

松戸市の広報に掲載されていましたが、先日の議会にて一人ひとりにタブレットが配置されるとの記事がありました。

文部科学省で昨年の12月に通知が出されましたが、タブレットを使用しどのような学習が効果的にできるか考えていきたいと思います。

GIGAスクール構想とは、Society 5.0 時代に生きる子供たちの未来を見据え、児童生徒向けの1人1台学習用端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する構想で、2019年12 月 13 日に閣議決定された2019年度補正予算案に2318億円が盛り込まれました。Global and Innovation Gateway for Allの略。誰一人取り残すことなく子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けた施策です。児童生徒に1人1台の学習者用端末と、クラス全員が一度にアクセスしても利用できる通信環境を整備するものです。

 

【1年生仮入部】

本日は、グランドの部活動の様子を紹介します。

 

 

陸上部

 

 

テニス部

 

 

野球部

 

 

サッカー部

 

【ガイドライン改訂】

世界では感染者が50万人をこえたり、近隣の市で小学生が感染したとの新聞記事を見ると気の引き締まる思いとなります。

さて、ガイドラインが、千葉県・松戸市ともに改訂されました。(ホームページにアップしました)

【主な点】

〇 集会等は、感染拡大防止の条件を付加して実施する。

○「 新しい生活様式 」 の習慣化

○熱中症等の健康被害が発生する可能性があると判断した場合は、「換気ができている環境」「身体的距離が確保できている状況」等で、適宜、マスクを外すなど着用について配慮する。
〇熱中症への対応を優先とする。本人が暑さで息苦しさを感じた時は、「換気が できている環境」「身体的距離が確保できている状況」等を 、 自ら判断し、マスクを外すなど着用について工夫できる生徒の育成を図る。

〇家庭における健康観察の 重要性への理解と協力を求める。

〇引き渡しでの下校になる場合には、適切な下校時刻を決め、保護者にメールで通知する。

〇特に多くの児童生徒等が手を触れる箇所 や共用物 を 必要に応じて 1日1回以上消毒する。
(例)ドアノブ、手すり、スイッチ 、蛇口 、流水レバー 等