本校3年生が、卒業と同時に大相撲鳴戸部屋に入門します。

今日は、親方が挨拶に来校してくれました。

鳴戸親方は元大関の琴欧洲です。

現役時代は松戸市松飛台の佐渡ヶ嶽部屋に所属していたので、松戸には縁が深い方です。

貴重な機会なので、全校生徒に向けて話をしていただきました。

 

言葉も通じず日本の文化もわからない状態で日本の相撲部屋に入門し、苦しさに耐え、地道な努力を続けて夢を実現させた経験談を話していただきました。

2メートルを超える親方の話は、身長だけではなく話の内容にも重みがあり、生徒は真剣に耳を傾けていました。