避難訓練が行われました

 4月9日、今年度1回目の避難訓練が行われました。午後1時5分に、震度6程度の地震が数秒後に発生する可能性があるとの緊急放送が入り、全員直ちに机の下に一次避難しました。しばらく地震音が放送から流れた後、余震と校舎倒壊の危険があるとの放送で、全員廊下に整列し、避難経路にしたがって校庭に避難を開始しました。校庭の集合場所に整列し点呼を受けた後、安全担当の先生から、避難完了までに要した時間が昨年度より20秒ほど短縮したことが報告されました。続いて校長先生の話では、机の下に身を隠す際にどういう姿勢をとったらいいか考えるなど、自分の身を自分で守る術を心得ておく必要があること、そして避難行動での2・3年生の真剣な態度を1年生もしっかり見習ってほしいということが話されました。今日未明に島根県で震度5強の大きな地震がありましたが、いつ何時私たち自身も大きな地震に見舞われるかわかりません。地震を想定した日頃からの真剣な訓練と心構えが大切であることを痛感させられます。

緊急放送が入り、机の下に一次避難する
校庭の集合場所に整列する
安全担当の先生から 校長先生から