平成30年3月7日(水)

公立高校選抜の発表日でした。

公立高校を受検した3年生は、自宅から各高校へ結果を見に行きました。

お隣の松戸馬橋高校にも多くの受検生が集まっていました。


1・2年生は卒業式の練習をしました。

無駄話ひとつなく、前回よりも起立や礼がそろってきました。

 

 

正直、生徒の中には、

「なぜ何度も立ったり座ったりしなければならないんだろう」

「なぜこんなに礼ばかりするんだろう」

「卒業証書を代表にだけ渡せば早く終わるのに」…

と感じる人がいるかもしれません。

でも、本校では、礼の仕方一つ、卒業証書の受け取り方一つにこだわって指導します。それは、「卒業式」が儀式だからです。

儀式は、人生の節目にけじめをつけ、新たに出発する決意を示す場です。そんな厳粛な場に、いい加減な態度でのぞませる訳にはいきません。だから、厳しく指導します。

厳粛な態度で3年生を送り出す卒業式にしましょう。


松戸RC文化・スポーツ大賞(松戸ロータリークラブ主催)の表彰式がありました。

松戸市の中学校・高等学校の部活動の中から、4つの優秀賞と12の奨励賞が選ばれ、本校は陸上部が優秀賞に輝きました。

陸上部から2名が代表として参加し、盾と副賞目録をいただきました。

これを励みに益々練習に力を入れていきたいと思います。